「光コラボレーション」の品質が気になるけど本当にフレッツ光と変わらない!?

「光コラボレーション」の品質が気になるけど本当にフレッツ光と変わらない!?

「光コラボレーション」の品質が気になるけど本当にフレッツ光と変わらない!?

皆さんは、インターネット回線を選ぶ際どうしていますか? 「フレッツ光」を使っているという方も多いかもしれませんが、最近ではお得で便利なイメージが強い「光コラボレーション」(光コラボ)を選ぶという人も増えてきていると思います。ただ、光コラボの「品質」について、本当にフレッツ光と変わらないのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

◆「光コラボレーション」と「フレッツ光」の回線は同じで、品質に差はない

光回線とプロバイダーを同一事業者で契約するため、フレッツ光とプロバイダーを別々に契約するケースよりも、通信の月額料金が安くなる場合が多い光コラボ。ですが、ちょっと調べると、「光コラボにして速度が落ちた……」といったような口コミを見かけることも。

名前からはフレッツ光と別物の印象を受けますが、そもそも光コラボとは、接続事業者(プロバイダーなど)がNTT東日本/西日本のフレッツ光回線を借り、そこに事業者ごとに異なる付加価値(オリジナルのサービス)をプラスしてユーザーに提供するサービスのこと。

つまり、光コラボは契約モデルの一つであり、ユーザーが利用する光回線はフレッツ光と同じものなので、回線品質に差が出ることは、基本的にありません。

◆光コラボが遅いと感じるのはなぜ?

では、どうして遅いと感じる人がいるのでしょうか。

考えられる要因としては、遅いと感じる人の環境で、回線ではない部分に問題が生じている可能性があります。

例えば自宅の場合、使っているルーターの性能やLANケーブルが古いと、最新の高速通信に対応しておらず、本来の通信速度が出なくなってしまいます。

ルーターの設定を間違えていたり、不要な設定をしてしまったりしている場合も、速度に影響を与える可能性が考えられます。

また、自宅の環境以外では、回線やプロバイダー側に原因がある場合も。よく言われるのが、キャパシティー(許容量)。大勢のユーザーが同一時間にネットワークに接続するような時間帯では、ネットワークが混雑してしまい、その結果、本来の速度が生かせないという事態も起こり得ます。

さらに、プロバイダーが運用している設備や、住んでいる地域によっても回線速度が影響を受ける可能性も。通信速度低下のトラブルは、たいていユーザー自身の接続環境が要因となっていますが、混雑のほか、事業者側により発生することもゼロではありません。

光コラボ事業者を決める場合、ユーザーの評価を参考にするといった事前リサーチや、品質やサービス管理が行き届いている「@nifty」のような大手プロバイダーを選ぶなどの行動が大切になってくるでしょう。

◆光コラボの速度改善方法は?

基本的な回線品質はフレッツ光と変わらない光コラボですが、先ほど説明したように、利用環境によって本来のポテンシャルを発揮できていないケースもあります。

そこで、環境改善の方法をいくつかご紹介しておきます。

(1)ルーター
古いルーターの場合、最新の高速通信技術に対応しきれないことも。現状でもネットにつながるからと、以前に契約したときのままのモデルを使っている人は、ルーターの見直しを図るのも回線速度の改善に役立つはずです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)