テレワークを始めて実感!家のWi-Fiが弱くて電波が届かない時の解決法

テレワークを始めて実感!家のWi-Fiが弱くて電波が届かない時の解決法

[PR]テレワークを始めて実感!家のWi-Fiが弱くて電波が届かない時の解決法

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの人が始めることとなったテレワーク。

 

そこで改めて、自宅のインターネット接続環境に悩まされるケースが急増しているとか。その要因の一つとも言われているのが“Wi-Fi電波の弱さ”。

 

どう解決すればいいのでしょう。

◆データ通信量を急増させるテレワークでWi-Fiが不安定に…

3月〜4月は新年度や新学期で通信需要が増す時期。そこに緊急事態宣言による外出自粛やテレワーク・ユースなどの影響で、国内のインターネット通信量が急激に増してきています。

 

NTT東日本の発表(4月28日時点)では、平日昼間(午前9時〜午後6時)のデータ通信量は、政府が外出自粛を基本方針にした2月25日頃から増加。小・中・高校に休校を要請した3月以降も増え続け、4月13日週には2月25日週比で56%も増加しています。出典元:NTT東日本 新型コロナウイルス( COVID-19 )に対するNTT東日本の取り組み

 

その影響を受けて一部では接続遅延が起きている……といった話も聞こえてきます。

 

そうした中、実際にテレワークを行ってみると、普段スマホで使っているときにはさほど気にならなかったインターネット回線の速度が「あれ、遅いかも?」と感じている人も多いのでは。

 

もちろん全国的に通信量が増えているのもそうなのですが、多くの場合は、共働きでどちらもテレワークをしていたり、子どもが動画サイトをリビングで見ていたりすることによって、自宅の中で回線の混雑が発生している可能性もあります。

 

またWi-Fiの電波は、途中に遮蔽物があると電波が弱くなる傾向にあるため、家族がいるリビングを避けてルーターから離れるほど電波が届きにくくなり、通信が不安定になりがちです。

 

プライベートで使っている分にはいいのですが、Web会議の音声が途切れて聞き取りづらかったり、画面表示が遅く会話についていけなかったり……と仕事に影響が出るようでは困りものです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)