終了予定のADSLから光回線への乗り換えには工事が必要? 工事費用は?【2021年1月版】

終了予定のADSLから光回線への乗り換えには工事が必要? 工事費用は?【2021年1月版】

終了予定のADSLから光回線への乗り換えには工事が必要? 工事費用は?【2021年1月版】

ADSLサービスがそれぞれサービス終了を発表しています。

@niftyが提供するADSL接続サービス(ソフトバンク回線):2021年9月30日
フレッツ・ADSL:2023年1月31日(※「フレッツ光」提供エリア内でのサービスを終了)

現在、各ADSLサービス提供事業者は利用者に向けて終了の案内と光回線などへの乗り換えの案内を積極的に行っていますが、サービス終了間際になると、混雑により工事日の調整が難しくなる可能性も考えられます。

いずれ乗り換えが必要になる人は、工事日に余裕がある今のうちに検討・手続きを進めることをおすすめします。

本記事では、ADSLから光回線への乗り換え時に気になる、工事の有無や費用についてまとめてみます。

 

ADSL終了で次に乗り換える先は?

ADSLサービス終了が発表された当時、衝撃を受けた人も多いとは思いますが、現在ADSLを利用しているユーザーからすると、今後も自宅でインターネット回線が使えるのか不安になってしまうのではないでしょうか。

フレッツ・ADSLについては、すでに2016年6月30日で新規申し込みは終了。ADSL利用中の人はサービス廃止まで利用できますが、基本的にはADSL廃止までにインターネット回線の乗り換えが必須です。

 

ただし、NTT東日本の場合“特例”として、

・2016年7月1日以降にフレッツ光が提供されるエリア→提供開始年度の翌年度まで
・2021年4月1日以降にフレッツ光が提供されるエリア→サービス提供終了まで

という条件付きながら、ADSLの新規申し込みの受付が行われています(詳細はこちら)。

 

つまり、ADSL廃止は決定していますが、完全なるサービス終了ではなく、

・サービス終了までに光回線が提供されるエリア→終了予定日までに乗り換えが必要

・サービス終了までに光回線の提供されないエリア→終了予定日後もADSL利用が可能

ということになります。

住んでいる地域がフレッツ光提供エリアかどうかは、NTT東日本/西日本の公式ページにて確認できます。

・NTT東日本はこちら
・NTT西日本はこちら

とはいえ、フレッツ光のサービス提供エリアは広く、またADSL終了に向けて順次、対応エリアを拡大していますので、大半のADSLユーザーは回線の切り替えを検討することになります。

@niftyが提供するADSL接続サービス(ソフトバンク回線)終了の詳細については、以下の記事を参考にしてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007422_1.htm

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)