Ping値(ピン値/ピング値)とは何のこと?回線速度との違い

Ping値(ピン値/ピング値)とは何のこと?回線速度との違い

Ping値と回線速度の違い解説

Ping値(ピン値/ピング値)とは何のこと?回線速度との違い

Ping値(ピン値/ピング値)とは何のこと?回線速度との違い

皆さんはインターネット接続サービスについて調べる際、「Ping値(ピン値/ピング値)」という、あまりなじみのない用語を見聞きされたことがあるのでは?

インターネット接続の重要なポイントでもあるこの「Ping値」とは、いったいどのような意味なのでしょうか。

◆ネット回線の品質を「応答速度」で表すPing値

インターネット接続サービスで、もっとも頻繁に登場する用語の一つが「回線速度」。

「下り回線速度は1Gbps超」というキャッチコピーを見ると、すごく高速な回線だとの印象を抱く方も多いことでしょう。

回線品質や速さを見る際、確かに「回線速度」は重要なキーワードです。

回線の基本的な性能を表す数値ですから、当然といえば当然なのですが、あくまで“理論値”であることも、忘れてはなりません。

「最適な条件下かつ、最適な使用法で叩き出される理論上の最高速度」だと考えてください。


一方、実際のインターネット接続時、ユーザーが体感する速度に近い指標がPing値です。体感速度を数値化したデータだと考えても良いでしょう。

ネットを介した通信には、パケットを送信・受信する「応答速度」(Latency/レイテンシ=伝送遅延時間)という指標があります。言い換えれば、パケットを送信〜受信するまでのタイムラグのこと。

単純に“ホスト(サーバー)と通信できるかの確認”や、“ホストの動作確認”を行うだけでも、「Latency/レイテンシ」=「応答速度」が発生します。この伝送遅延時間をわかりやすく数値化したデータがPing値なのです。

つまり、Ping値と回線速度の違いは、

・Ping値:通信にかかる時間を表す数値
・回線速度:1秒間に送信可能なデータ容量を表す数値


となります。
関連記事:快適なインターネットの回線速度の目安とは|光回線の1Gbpsってどれくらいの速さ?

◆よく聞く「Pingが通る」「Pingを打つ」って何のこと?

Ping値に関して話題にする際、よく「Pingが通る」「Pingが通らない」などと言われます。

“通る”“通らない”と言われてもピンとこないかもしれませんが、

・Pingが通る=ネットワークにつながる
・Pingが通らない=ネットワークにつながらない


と言い換えれば、わかりやすいでしょう。

前述したレイテンシが数値として表れることで、回線やサーバーが正常に稼働しているかどうかを知ることができます。

ほかに「Pingを送る」「Pingを送信する」「Pingを打つ」といった言い回しもされます。

これらの言い回しは、WebサイトとGoogleなど検索エンジン間での情報通信時に用いられる言葉です。Pingを検索エンジンに送信することで、サイトの更新情報などをすぐに反映できるようになります。

◆一般的なニーズならPing値:40〜60msを基準に

Ping値を表す単位は「ms(ミリ秒)」で、数値が小さいほど通信環境が良いことを示します。数値が大きいほど高速であることを示す回線速度の単位「bps(ビーピーエス)」とは、数値の見方が逆になるので注意しましょう。

msを見る目安は、おおよそ以下のようになります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)