YouTubeの年齢制限は何歳?安全に見るための設定方法

YouTubeの年齢制限は何歳?安全に見るための設定方法

YouTubeの年齢制限を解説

外出自粛生活が長引く中、自宅でネット動画を視聴する機会が増加しています。

子どもが動画を視聴する際、不適切な動画が表示されることもあるため、親としては注意が必要です。

本記事では、年齢制限のあるYouTubeを安心して見るための設定方法を紹介します。

YouTubeには年齢制限がある

動画投稿サイトとして全世界の幅広い世代に親しまれている「YouTube」。

 

子ども向けの動画も多数視聴できますが、YouTube視聴に年齢制限があることは意外と知られていません。

本サービスを利用するには、13 歳以上である必要があります。

 

つまり、13歳以上(中学生以上)が視聴することを想定してガイドラインやポリシーが作られています。

さらに、中には年齢制限が設定された動画もあり、幼い子どもが視聴するには注意が必要です。

 

まずは、YouTubeの「年齢制限」について「どのような基準なのか」「どのようなコンテンツが対象なのか」など基本的な内容を解説します。

 

年齢制限付き動画とは

YouTubeにおける「年齢制限付き動画」は、下記のいずれか該当するユーザーが視聴できない仕様になっています。

 

・18歳未満のユーザー
GoogleアカウントでYouTubeにログインしていないユーザー
制限付きモードを有効にしているユーザー

 

上記の条件を満たした状態で年齢制限付き動画にアクセスすると「警告画面」が表示されますが、こちらに関しては内容に同意することで視聴が可能となります。

 

YouTubeのポリシー

YouTubeのポリシーへの違反や、コミュニティ ガイドラインに違反するような動画は削除されることがあります。

 

また、ポリシー違反ではなくても、全ての視聴者にふさわしいとはいえないと判断された場合、年齢制限が設けられることもあります。

 

YouTube公式サイトによると、年齢制限が設けられる条件としては下記に該当するコンテンツと記載されています。

 

・下品な言葉
・暴力的でショッキングな映像
・性的内容を示唆するコンテンツ
・有害な活動や危険な活動を含む描写

 

ユーザーから投稿された動画に対して、上記に該当するという報告を受けた時点でYouTube側は該当コンテンツに対し年齢制限を設けたり、サムネイルを削除します。

 

また、動画投稿者がアップロードの際、自主的に年齢制限を設定するというケースもありますが、上記に該当していないにも関わらず年齢制限が設けられてしまった場合には、ユーザーによる「年齢制限の再審査請求」を行うことが可能です。

 

制限付きモードは「オン」推奨

YouTubeには年齢制限が設けられていますが、親のアカウントを使って子どもがYouTubeを視聴するケースも考えられます。

 

そうした場合、年齢制限に引っかからない不適切な動画が表示される可能性もあるため、子どもにYouTubeを見せる際は「制限付きモード」の設定をあらかじめ「オン」にしておきましょう。

 

では、「制限付きモード」の設定方法やどのような動画が表示されなくなるか、などを解説します。

 

制限付きモードの設定方法

制限付きモードの設定は下記の手順で行います。

 

1:プロフィール写真をクリックする
Youtube_age_01


2:「制限付きモード」をクリックする
?Youtube_age_02


3:「制限付きモードを有効にする」をクリックして「オン」の状態にする
Youtube_age_03

 

子どもにYouTubeを使わせる際は「制限付きモード」をオンにしておくのがおすすめです。

 

 

制限付きモード設定により、そのほかにも除外されるコンテンツ

「制限付きモード」をオンにすると、年齢制限付き動画のほかにも、下記の情報から成人向けの可能性があるコンテンツが除外されるようになります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)