自宅のWi-Fi速度が遅い時の6つの原因と改善方法を解説

自宅のWi-Fi速度が遅い時の6つの原因と改善方法を解説

Wi-Fi遅い時の原因と改善法

自宅のWi-Fi速度が遅い時の6つの原因と改善方法を解説

自宅のWi-Fi速度が遅い時の6つの原因と改善方法を解説

自宅でWI-Fiを通じてスマホやパソコンをインターネットに接続している方も多いはず。しかし、突然Wi-Fi速度が遅くなってインターネットが快適に利用できなくなることがあります。

Wi-Fi速度が遅くなる原因は何なのか、速度を改善する対処法についても気になるところです。そこで今回はWi-Fi速度が遅くなる原因と改善方法について詳しく解説していきます。

Wi-Fiとは

Wi-Fi(ワイファイ)とはスマホやパソコンを無線の状態でインターネット接続するための技術です。

Wi-Fi接続するにはWi-Fiルーターが必要となり、Wi-Fiルーターには据え置きタイプと持ち運びできるモバイルタイプの2種類があります。

このWi-Fiルーターにインターネット回線を接続させることでスマホやパソコンが無線でインターネット接続できるようになります。

自宅のWi-Fi速度が遅くなったときには、インターネットの接続元もしくはWi-Fiルーターに原因がある可能性が高いため、ひとつひとつの原因を確かめながら改善方法を試してみる必要があります。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007304_1.htm

 

Wi-Fi速度が遅くなる原因

Wi-Fi速度が遅くなる原因は主に以下の6点が挙げられます。

 ・Wi-Fiルーターの不具合が原因
 ・Wi-Fiルーターと利用端末の距離や置き場所が原因
 ・他の家電との電波干渉が原因
 ・Wi-Fiの通信規格の古さが原因
 ・複数端末で同時接続していることが原因
 ・回線の混雑が原因


それぞれの原因についての解説と改善方法について詳しく見ていきましょう。

ルーターの不具合が原因

まず確認しておきたいのが使用中のWi-Fiルーターに不具合が生じている可能性です。

故障の場合は、メーカーに問い合わせて修理や交換といった対応をするしかありませんが、一時的に不具合を起こしているケースが多いです。

Wi-Fiルーターは一度電源を入れるとそのままつけっぱなしにすることが多いため、熱がこもり続けることから一時的な不具合が起きる原因となります。

Wi-Fiルーターと利用端末の距離や置き場所が原因

Wi-Fiは電波を通じてスマホやパソコンなどの利用端末をインターネットに接続しています。

そのためWi-Fiルーターと利用端末との距離が離れていたり、壁や家具などの障害物があったりすると繋がりにくくなり速度低下の原因となってしまいます。

特にウォーターサーバーやキッチンなどの水回り周辺にWi-Fiルーターを置いている場合も電波が通りにくくなるためWi-Fiルーターの置き場所を確認してみてください。

他の家電との電波干渉が原因

電子レンジやBluetooth機器など、他の家電と電波干渉を起こすことでWI-Fiの速度が低下してしまいます。

一見関係なさそうに見えますが、電子レンジなどWi-Fiと同じ周波数帯を使用する家電があり、同じ周波数の家電の近くにWi-Fiルーターを置いていると電波干渉が生じやすくなるので注意しましょう。

Wi-Fiの通信規格の古さが原因

Wi-Fiには、通信を行う上での規格が決まっており、種類に応じて発揮できる通信速度も異なります。

主な通信規格としては新しい順に「11ax」「11ac」「11n」「11a」「11g」「11b」などがあり、それぞれ最大通信速度が決まっています。高速通信を楽しむにはWi-Fiルーター及び受信端末が「11ac」以上に対応している必要があります。

Wi-Fiルーターやスマホ、パソコンなどの機器が対応しているWi-Fi通信規格をチェックしてみましょう。

複数端末で同時接続していることが原因

同じWi-Fiに複数の端末を同時接続していると速度低下の原因となってしまいます。

Wi-Fiルーターには同時に10台以上接続できるスペックのものもありますが、接続台数が増えるほどに処理速度は低下し、速度低下を招いてしまいます。

回線の混雑が原因

速度低下には回線そのものが原因となっている場合もあります。休日や夜間帯などネット回線の利用者が増え、混雑してしまうことで速度低下に繋がります。

インターネットを利用する時間帯によっては速度が遅くならないという場合には、回線の混雑による影響で速度が遅くなっている可能性があります。

実際にはWi-Fiの問題ではなく回線そのものが原因で速度が遅くなっていることになります。

Wi-Fi速度が遅い時の改善方法

Wi-Fi速度が遅くなる原因はわかりましたが、Wi-Fi速度が遅い時はどうすれば改善できるのでしょうか。

主な改善方法は以下の7つがあります。

・Wi-Fiルーターを再起動する
・Wi-Fiルーターの置き場を変える
・距離が離れる場合は中継機を使う
・Wi-Fiの周波数帯を変える
・Wi-Fiルーターの規格を見直す
・使わない端末のWi-Fi接続を切っておく
・IPv6接続を利用する


順番に見ていきましょう。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)