【2021年版】ノートパソコンのおすすめ16選|選び方や安い初心者向けPC、人気メーカーも解説

【2021年版】ノートパソコンのおすすめ16選|選び方や安い初心者向けPC、人気メーカーも解説

ノートパソコンおすすめ14選

新生活の始まりや、世の中の情勢により、ノートパソコンは以前よりも需要が増したのではないでしょうか。
しかしながら、何の知識もないまま高価なノートパソコンを購入するのは少しリスクがあると思います。
その為、この度は、ノートパソコンについて知っていただき、ご自身に合った最適な1台を見つけていただこうと、
ノートパソコンにつきましての記事を書かせていただきました。
この記事では、選び方や価格の安い初心者向けのノートパソコンや人気のメーカーを紹介しています。
初心者の方にも分かるように、ノートパソコン選びで重要なポイントを解説していきますので、
参考にしていただければ幸いです。

◆まずはOSから

まず、ノートパソコンを動かすにはOS(オペレーティングシステム)が必要です。
OSはコンピューターを動かすために必要なソフトウェアで、主に「Windows」と「Mac」などがあります。
最も多く利用されているOSはMicrosoft社のWindowsで、対応ソフトが豊富でOfficeソフトやPCゲームなど
幅広い用途で利用されています。
Apple社製のパソコンに搭載されているのがMac(マック)というOSで、Windowsと比べると
使えるソフトウェアは少ないですが、高い性能と統一感のあるデザインが人気となっています。

◆実際に選び方を見ていきましょう

では、さっそくノートパソコンの選び方について紹介していきましょう。
選ぶ点はいくつかあります。
まず、ディスプレイのサイズ、CPU、メモリ、ストレージなど、ノートパソコンを選ぶ上で重要な項目を
見ていきましょう。

◇ディスプレイ

ディスプレイは大きいもの、小さいもの、それぞれにメリット・デメリットがあります。
例えば、持ち運びをやすさを重視するならディスプレイの小さなノートパソコンを選ぶと良いでしょう。
多くの情報量を映し出し、作業効率の良いノートパソコンが欲しいのであればディスプレイの大きなノートパソコンが
おすすめです。

◇CPU

CPUはパソコン全体のデータの処理速度に影響します。
現在普及しているパソコンのCPUは、Intel社の「Core i」シリーズが主流で、Core i3からCore i9まであります。
用途によって性能のいいCPUが欲しいところですが、、動画視聴やOfficeソフトなどであればCore i3以上を
選んでおけば安心です。

◇メモリ

メモリは作業データを一時的に保管しておく部位で、メモリの容量が小さいと
一度に多くのソフトを使い作業をすると、重くなり、快適に操作することが出来ません。
メモリの容量が大きいと、快適に操作することが出来るようになります。
その為、ビジネス用などで複数のソフトを使いながら作業する方には、メモリの容量が大きいノートパソコンがおすすめです。

◇ストレージ

ストレージはHDDとSSDがあります。HDDはデータを保存できる容量が大きく、価格が安いのが魅力です。
対してSSDは読み書きの速度の速さと消費電力の少なさが魅力となっています。
予算に余裕のある方は読み込みの速いSSDのノートパソコンを選ぶと良いでしょう。

◆用途・目的別に選んでみましょう!

次にノートパソコンを用途・目的別に選んでみましょう。
選ぶ点は初心者向け、大学生向け、ビジネス向けの3点から見ていきましょう。

◇初心者向け

まずは、初心者向けから見ていきましょう。
初心者向けのノートパソコンでは、価格が安く、ある程度性能の良い、コスパ重視のモデルがおすすめです。
インターネットの閲覧や簡単なソフトの使用が目的であれば、そこまで高性能でなくても大丈夫ですが、
動作が重いと操作が分かり辛くなってしますので、ある程度の性能があると良いと思われます。
ですのでCPUがCore i3 以上のノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

◇大学生向け

次に大学生向けを見てきましょう。
使用の目的が、動画視聴やインターネットの閲覧、レポートの作成などが主であれば、
そこまで高いスペックは必要ないと思われます。
持ち運びの多くなりそうな方は本体サイズがコンパクトなノートパソコンを選ぶのも一つの方法です。
また、レポート用にofficeソフトの入ったものを選ぶと良いでしょう。

◇ビジネス向け

ビジネス向けのノートパソコンは、まずofficeソフトが最初から入っているモデルを選びましょう。
外出先で使うことの多い方は、持ち運びが楽な重量とバッテリー駆動時間の長いモデルがおすすめです。
また、複数のソフトを動かしながら作業したいのであれば、メモリの容量の大きいモデルにすると
快適に作業することができます。

◆最後に

このように、一言にノートパソコンといっても、用途や目的によって選び方が変わってきます。
この記事を読んだ方が、ご自身に合った最適な一台を手にすることが出来るよう、
心を込めて書かせていただきました。
詳しい内容は記事本編に記させていただきましたので、読んでいただければ幸いです。

おすすめのノートパソコンがご覧になりたい方は家電小ネタ帳にて紹介しています↓

続きは「家電小ネタ帳」

※記載の内容は2021年4月18日時点の情報です

×