【2021年版】食洗機のおすすめ8選|人気の据え置き型や一人暮らし向けのタンク式などをご紹介

【2021年版】食洗機のおすすめ8選|人気の据え置き型や一人暮らし向けのタンク式などをご紹介

食洗機のおすすめモデル8選

おうち時間が増えたため、食器を洗う量や機会が増えた方や、清潔に使えるか、除菌はできているのかといった事が気になる方も多いのではないでしょうか。

また、お友達や家族などが遊びに来てせっかく楽しい時間を過ごしたのに、使った食器の山を見てゲンナリした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『食洗機』は時短家事にとても便利な家電です。

食洗機はキッチンに組み込む「ビルトイン型」、キッチンの空いているスペースに設置する「据え置き型(卓上型)」、キッチン用水栓から食洗機に給水するための分岐水栓取り付け等の工事が不要な「タンク式」の3種類から選択できます。

現在、パナソニック・アイリスオーヤマ・ベルソス・アクア・シロカなどのメーカーが食洗機を展開していて種類が多いため、初めて食洗機を購入する方は選び方に困ってしまいますよね。

そこで今回は、食洗機のおすすめモデル8選をご紹介します。
また、食洗機のメリット・デメリットや選び方を解説していきますので、食洗機の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

◆目次

  • 食洗機とは
  • 食洗機のメリット
  • 食洗機のデメリット
  • 食洗機の選び方
  • 【2021年】据え置き型(卓上型)食洗機のおすすめ
  • 【2021年】タンク式のおすすめ食洗機
  • 食洗機の人気メーカー6社
  • まとめ

◆食洗機とは

食洗機とはイメージ

食洗機とは「食器洗い機」の略称で、名前の通り食器を洗ってくれる家電です。
洗浄機能と乾燥機能が一緒になっているものが多いため、メーカーによっては「食器洗い乾燥機」と表記しているケースもあります。

実際に食洗機を使っている方からは、こんな声があがっています。

時短家事はもちろん、それだけではない食洗機の具体的なメリットについては次の項目で詳しく解説していきますね。

◇食洗機のメリット

食洗機のメリット

家事の負担が減る
手洗いしにくい食器なども洗える
洗浄力が高い
洗った食器を拭く手間が減る
節水効果がある
手荒れが防止できる

家事の負担が減る

家事の負担が減る

食洗機のメリットとしてまず最初にあげられるのが家事の時短です。洗いたい食器を食洗機にセットし、洗剤を投入してボタンを押すだけなので、食器を洗う際にかかる時間は5分もありません。

たとえば、食器洗いに20分かけている家庭であれば約15分の時短になる計算です。
毎日の家事にかける手間を減らし、少しでも自由な時間を増やしたい方には間違いなく効果のある家電といえるでしょう。

手洗いしにくい食器なども洗える

手洗いしにくい食器なども洗えるイメージ

食洗機はセットした食器に水流をあてて洗浄するため、手洗いしにくかったロンググラスや水筒、ガスコンロの五徳などの部品もキレイに洗いあげます。
特にザルや泡立て器、グリルの網などに付いた汚れを落とす際は重宝するでしょう。

洗浄力が高い

 

食洗機は洗浄力に優れています。

60℃〜80℃の高温を噴射し、水道水より強い水圧を与え、アルカリ性の食洗機専用の洗剤を投入することによって、手洗いでは落としにくい汚れもしっかりと洗いあげます。

料理の残りが付いていたり、こびりついた焦げ、きつめの油汚れがある食器は食洗機にセットする前に予洗いをすることで、食洗器でもきちんと洗い流すことができます。

また、高温のお湯で洗浄することで除菌効果も期待できるので衛生面が気になる方も安心。

洗った食器を拭く手間が減る

洗った食器を拭く手間が減る食器を手洗いし食器棚にしまう場合は、ふきんなどで拭きあげてからしまう方が多いのではないでしょうか。

せっかくきれいに洗った食器を拭く際に、ふきんの繊維がついてしまったり、スプーンやフォークなどに拭きジワができてしまい、二度手間になってしまうなんて事もありますよね。

乾燥機能がついている食洗機を選べば、乾いた食器をそのまま食器棚にしまう事ができ、拭きあげるためのふきんを除菌するなどの手間も省けるので、とても便利です。

「続きは家電小ネタ帳へ」

※記載の内容は2021年4月時点の情報です。 

×