ニフティポイントクラブ(ライフメディア)の稼ぎ方・交換先のおすすめを解説!ゲームも紹介

今回はサイトを経由して買い物や旅行をするとポイントが貯まり、さまざまな形に交換することが出来るポイントサイト、ライフメディアを紹介したいと思います。
ライフメディアは1996年に富士通が開始したポイントサイトで、現在はニフティ株式会社が運営しています。累計登録人数は320万人を突破し、学研やKADOKAWA、宝島社などの書籍や雑誌で紹介された実績もあり、はじめてポイントサイトを利用する方でも、安心して利用することが出来るでしょう。

◆ポイントを貯める方法を見ていきましょう。

◇買い物

ライフメディアではサイトで紹介しているショップサイトで、『ライフメディアを経由して』買い物をすることでポイントが付与されます。中には高還元ショップなどもあり、日常生活の買い物でライフメディアを経由するとポイントが貯まり、大変お得です。

◇旅行

ライフメディアを経由して旅行をすることで、数パーセント、もしくは決まった額のポイントをもらうことが出来ます。国内旅行、海外旅行、航空券の予約など、様々なケースでポイントがもらえるので、旅行に行く際は、ライフメディアを経由して予約することをおすすめします。

◇テンタメ

テンタメは対象商品を購入した後に、アンケートに答えるとポイントが付与されるシステムです。獲得できるポイントは商品の50%から100%ほどで、アンケートの回答時間も5分程度なので、気になる商品を試ししつつ、気軽にポイントを取得することが出来ます。
※その他、「ゲームで遊ぶ」や「アプリのインストール」、「友達にポイ活体験を紹介する」など、様々な方法を記事本編では紹介しています。
興味のある方はぜひ記事本編をご覧ください。

◆おすすめのポイントの交換先を紹介します。

◇ノジマスーパーポイント

おすすめの交換先のひとつがノジマスーパーポイントです。
ノジマスーパーポイントの凄いところは、ただ交換できるだけでなく、現金換算で1.5倍に増量されるところです。家電製品の購入を考えている方は、ライフメディアで貯めたポイントをノジマで活用すると大変お得です。

◇@ニフティ使用権

ライフメディアで貯めたポイントを@ニフティのインターネット料金と相殺する形で使用することが出来ます。ノジマスーパーポイントと同じく現金換算で1.5倍に増量されるので、インターネットの利用をお得にすることが出来ます。

◇dポイント

出典『dポイントクラブ』

ドコモユーザーはケータイ料金の支払いに使えるので特におすすめです。

※他にも他社ポイント、現金(銀行振込)、ギフトコード、ウォレットなどに交換でき、すべての交換先で交換手数料が無料です。

◆利用するにあたって気になる点をQ&A形式で見ていきましょう。

◇Q1:ポイントに有効期限はある?

A:1年以内にポイントを獲得・交換をしている限り、ポイントは継続されるので、ポイ活を続けている限り、ポイントは失効しません。

◇Q2:ライフメディアのセキュリティ対策は?

A:ライフメディアは皆さんが安心して利用できるように、個人情報を取り扱うページでは、SSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれる暗号化通信技術を導入しています。通信されるデータが暗号化されて送受信されるので、悪意のある第三者の介入を防いでくれます。

◇Q3:ライフメディアの利用環境は?

A:ライフメディアでは基本的にパソコンやスマートフォンで利用できますが、ブラウザについては細かく推奨環境が公表されています。
詳しくは記事本編に記載してありますのでご覧ください。

※他にも.メールがたくさん届くのが嫌なときやライフメディアの「お気に入り」機能について紹介しています。興味のある方は記事本編をご覧いただければ幸いです。

◆最後に

このように、ライフメディアについてポイントの貯め方、交換先、気になることのQ&Aなどを見てきましたが、記事本編では、口コミや評判についてや、詳しい登録の仕方なども紹介しています。
ライフメディアでは様々なキャンペーンが実施され、10,000円相当のポイントが付与されるようなキャンペーンもあり、知らずに申し込むのと、ライフメディアを経由して申し込むのでは大きな差が出てきます。
どんなショップが紹介されているか、どんなキャンペーンをやっているかだけでも見てみる価値はあるでしょう。
この機会にぜひライフメディアに登録して、毎日の生活を楽しく、少しお得なものにしましょう。


ライフメディアについて詳しく知りたい方は家電小ネタ帳にて紹介しています。

続きは「家電小ネタ帳」へ

※記載の内容は2021年5月11日時点の情報です