iPhone SEとiPhone12 miniを比較!SEの第一世代と第二世代の違いも解説!【2021年版】

iPhone SEとiPhone12 miniを比較!SEの第一世代と第二世代の違いも解説!【2021年版】

iPhone小型サイズ性能比較

iPhone SEとiPhone12 miniを比較!SEの第一世代と第二世代の違いも解説!のアイキャッチ

コンパクトな大きさ、価格の安さを重視したiPhone SEの第二世代(iPhone SE2)が2020年4月24日に発売されました。
そして最新機種シリーズのiPhone12 miniが2020年11月13日に登場し、小型軽量サイズを好むユーザーの注目を集めています。

持ち運びやすさ、使いやすさを重視したiPhone SE2とiPhone12 miniの2機種ですが、どのような違いがあるのでしょうか。iPhone SE2とiPhone12 miniで悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone SE2とiPhone12それぞれの機種の値段や大きさ、スペック・性能といったあらゆるポイントを比較していきます。ぜひ参考にしてみてください。

◆iPhone SE2とiPhone12 miniのスペック・性能を比較

iPhone SEとiPhone12 miniのスペック・性能を比較

iPhone SEの第二世代(iPhone SE2)とiPhone12 miniの2機種のスペック・性能にどのような違いがあるのか比較していきましょう。

Apple公式ページの最新情報からまとめたスペックの早見表はこちら。

iPhone SEとiPhone12 miniの表1

◇「カラーバリエーション」で比較

iPhoneSE第二世代のカラー

iPhone12mini新色

iPhone SEとiPhone12 miniの表2

端末のカラーはiPhone SE2がブラック・レッド・ホワイトの3色。
iPhone12 miniはiPhone SE2の3色にブルーとグリーンの2色を追加し新色パープルが加わって全6色と、バリエーションが豊富です。

ブルーやグリーンといった新しいカラーが好きな人はiPhone12 miniを選ぶといいでしょう。

◇「デザイン」で比較

iPhone12proのボディ

iPhone SEとiPhone12 miniの表3

iPhone SE2はiPhone8のデザインを踏襲したモデルとなっています。
一方のiPhone12 miniは新デザインを採用しており、iPhone4やiPhone5のようなフレーム部が角ばった形が特徴的なモデルです。

また、iPhone12 miniの前面ガラスにはCeramic Shieldを採用。
Ceramic Shieldは従来のシリーズで採用されていたガラス素材に、ほとんどの金属より硬いといわれるナノセラミッククリスタルを組み込んだものです。
そうすることによってすり傷や引っかき傷に強い、スマートフォンのなかでトップクラスの頑丈さを実現しました。

フレーム部分については2機種とも航空宇宙産業レベルの高品質なアルミニウムが使われています。

◇「本体の大きさ・重さ」で比較

iPhoneのサイズと重さ

iPhone SEとiPhone12 miniの表4

2機種の本体サイズを比較するとiPhone12 miniのほうが高さと幅が小さく、厚さはほぼ同じということが分かります。重量も15g軽い133gです。

どちらも十分に軽く、使いやすいサイズ感になっていますが、持ち運びやすさを追求するのであればiPhone12 miniに軍配が上がるでしょう。

◇「ディスプレイ」で比較

iPhone12miniとSEのディスプレイ比較

iPhone SEとiPhone12 miniの表5

画面サイズはiPhone12 miniの5.4インチに対し、iPhone SE2は4.7インチとコンパクトです。
本体サイズに関してはiPhone SE2よりiPhone12 miniのほうが小さいですが、超狭額デザインにより5.4インチサイズを実現しています。

ディスプレイにはiPhone SE2がRetina HDの液晶ディスプレイ、iPhone12 miniがSuper Retina XDRの有機ELディスプレイを採用。
有機ELディスプレイはコントラスト比の高さと画面の明るさが魅力で、明るいシーンはより明るく、暗いシーンはより暗い映像表現が可能です。
液晶ディスプレイに比べると解像度も高く、きめ細かい高精細な映像になります。

片手操作のしやすさを重視するなら画面サイズが小さいiPhone SE2、大きめの画面で高画質な映像を楽しむならiPhone12 miniがおすすめです。

◇「カメラ性能」で比較

iPhone12のカメラ性能

iPhone SEとiPhone12 miniの表6

iPhone SE2は広角レンズのみのシングルカメラですが、iPhone12 miniは広角レンズと超広角レンズのデュアルカメラを搭載していて、より広い画角で写真撮影できます。
ズーム性能でもiPhone12 miniが優れており、遠い被写体を高画質に撮影可能です。

また、iPhone12 miniには暗いシーンを美しく撮影するナイトモードや、動画撮影時にズーム倍率にあわせて音声を調整するオーディオズームといった機能も搭載。
よりクオリティの高い写真や動画の撮影ができるでしょう。

インカメラの画素数はiPhone SE2の700万画素に対し、iPhone12 miniは1,200万画素となっており、インカメラでも通常カメラに負けない高精細な写真を撮影することができます。

カメラ性能だけを見るならiPhone12 miniがおすすめです。

 

◇「バッテリー容量」で比較

iPhoneのバッテリー

iPhone SEとiPhone12 miniの表7

バッテリー容量の大きさは、ビデオ再生・ビデオ再生(ストリーミング)・オーディオ再生の駆動時間を参考にしましょう。

それぞれの駆動時間を比較すると、iPhone SE2のほうがバッテリー容量が小さいことがわかります。
一度の充電でできるだけ長い時間iPhoneを使いたければiPhone12 miniを選びましょう。

バッテリー容量とあわせてチェックしておきたいのが便利な充電機能です。
2機種とも高速充電に対応しており、別売りの20W以上のアダプタを使うと30分で最大50%を充電することができます。
専用充電器を使えばQiワイヤレス充電も可能です。

また、iPhone12 miniは新しいワイヤレス充電規格MagSafeにも対応しています。
端末の背面にMagSafeコネクタをペタッと付けるだけで手軽に充電可能です。
MagSafe充電用の端末ケースなども販売されていて、iPhoneのアクセサリーの幅が広がりました。

◇「ホームボタン・生体認証」で比較

iPhoneの認証方法

iPhone SEとiPhone12 miniの表8

ホーム画面を開くときや決済するときなどに生体認証が便利です。

iPhone SE2はホームボタンを搭載していて、生体認証にはiPhone Xシリーズ以降で使われていなかったTouch IDによる指紋認証を採用。
iPhone12 miniはホームボタンを廃止しており、Face IDでの顔認証となっています。

また、ホームボタンは操作性に影響し、ホームボタンがあればワンプッシュするだけでホーム画面に戻ることが可能です。
ホームボタンがないiPhone12 miniは画面を下から上にスライドするとホーム画面に戻れます。

指紋認証やホームボタンを使った操作に魅力を感じる人はiPhone SE2を選ぶといいでしょう。
顔認証を利用したい人にはiPhone12 miniがおすすめです。

◇「5G通信」で比較

5Gイメージ画像

iPhone SEとiPhone12 miniの表9

最新機種のiPhone12 miniはiPhone史上初の超高速5G(ファイブジー)通信に対応しています。
5G通信とは「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」が魅力の次世代通信規格のことで、ドコモ、ソフトバンク、auの提供エリア内に限り利用可能です。

一方のiPhone SE2は5G通信には対応しておらず、4G-LTE通信のみとなっています。
4G-LTE通信でも問題なくインターネットを利用できますが、5G通信なら高画質動画の視聴やオンラインゲームなどをより快適に楽しめるでしょう。

5G通信はバッテリーの消耗が激しいですが、iPhone12 miniは5G通信を利用しないときに4G-LTE通信に切り替える省エネ機能にも対応。

しかし、現状は5G通信の提供エリアは都市部が中心となっており、非常に限られています。
5G通信を利用したい人はあらかじめ各キャリアの公式ページから提供エリアを確認しておきましょう。

◇「防塵・防水性能」で比較

防塵防水のマーク

iPhone SEとiPhone12 miniの表10

防塵・防水性能は「IP68」のような形式で表記され、前の数字(例だと6)が防塵性能、後ろの数字(例だと8)が防水性能を表しています。
それぞれの性能は数字が大きいほど優れていて、防塵性能は0〜6の7段階、防水性能は0〜8の9段階に分けられます。

今回の場合だと防塵性能は2機種とも最高レベルの6です。砂ぼこりなどの粉塵の内部への侵入を完全に防いでくれます。

防水性能についてはiPhone SE2が7(最大水深1メートルで最大30分間)、iPhone12 miniが最高レベルの8(水深6メートルで最大30分間の耐水性能)です。
どちらも非常に高い防水性能を誇っているので、一般的な用途であれば水没による故障は心配する必要はありません。

この他にも家電小ネタ帳の記事では、iPhone SE2とiPhone12 miniの発売日はいつなのか?値段はいくらなのか?iPhone SEの第一世代と第二世代の違いなども解説しています。
続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2021年6月9日時点の情報です。