6月は除湿で快適!エアコンだと冷えすぎる、という方にもオススメ

6月は除湿で快適!エアコンだと冷えすぎる、という方にもオススメ

エアコン除湿と弱冷房の違い

梅雨のイメージ

これから来る梅雨の時期で困るのが、ジメジメした湿気の問題ですよね。
ジメジメは不快なだけでなく、体調不良やダルさ、カビの原因にもなります。

また、湿度が高いと汗が蒸発せず発汗による体温調整が難しくなるので、体に熱がこもり、熱中症になってしまう危険性も……。

そのため、梅雨の時期にもエアコンなどで体温調整する必要があるんです。

でも、まだ冷房は早い気もしますよね。温度が下がりすぎても、体調が悪くなってしまいますし。

そんな梅雨の季節には、除湿(ドライ)機能を活用しましょう!

◆エアコンの風が苦手な人でも、除湿ならカラっと快適!

除湿運転のリモコン

除湿機能は湿度を下げ、不快なジメジメを和らげる効果があります。

除湿機やエアコンの除湿機能をうまく活用して、不快な梅雨を快適に過ごしましょう!

◇エアコンの除湿と弱冷房の違い

でも、エアコンの除湿機能を使っても、寒く感じることもありますよね。エアコンの除湿と弱冷房は違うものなんでしょうか?

除湿と弱冷房は、どう使い分けたらいいのでしょうか。

除湿と冷房の賢い使い分けについては、こちらの動画で解説していますよ。

湿度を下げたいなら除湿、温度を下げたいなら冷房を使いましょう。
ちなみに冷房よりも除湿の方が、電気代も抑えられます。

とはいえ、除湿運転でも寒くはなるので、エアコンの使用は控えたいと思うかもしれません。
そんな時は、再熱除湿機能のついたエアコンがおすすめです!

◇温度が下がりにくい、再熱除湿とは

再熱除湿とは、除湿で冷えた空気を温め直してくれる機能です。
そのため、お部屋の温度が下がるのを防ぎ、嫌なジメジメだけを解消してくれるんです。

エアコンの除湿機能が苦手な方や、冷え性の方も、この再熱除湿なら安心ですね!

ただ温め直す分、除湿機能よりも電気代はかかってしまいます。

しかし、寒くなるからと湿度が高いまま我慢してしまうと、体調不良やカビ、熱中症の危険が……。
それを考えると、ぜひ梅雨の時期に使いたい機能ですね。

◆エアコンのご相談はノジマ

ノジマでは、再熱除湿機能つきのエアコンはもちろん、除湿機や夏に向けたエアコンなど、梅雨から夏を快適に過ごすための製品を取り扱っています。
ノジマ店頭では知識豊富なスタッフが、お客様にぴったりの製品をご提案いたします!

特にエアコンは、6月の後半ごろからどんどんに取り付けや修理が混み合います。
夏本番になって、いざ買い換えるとなると、工事までに2週間以上かかることも……。

またノジマでは、夏前の5・6月、エアコンの早特セールを実施中!

エアコンの準備は夏本番を迎える前に、お得なノジマで買い換えて、快適な梅雨から夏をお過ごしください!
マスク着用や検温、アルコール消毒などの感染対策を徹底して、ご来店をお待ちしております。

ノジマ店舗情報

※2021年6月時点の情報を元に作成された記事です。

×