iPhoneの背面タップ(タッチ)は便利!スクショやカメラなど、おすすめの設定を紹介!

iPhoneの背面タップ(タッチ)は便利!スクショやカメラなど、おすすめの設定を紹介!

iPhoneの背面タップを紹介

<a href='/topics/keyword/iPhone/160530000099/'>iPhone</a>の背面タップ(タッチ)は便利!スクショやカメラなど、おすすめの設定を紹介!のアイキャッチ

iPhoneのiOS 14から追加された新機能に「背面タップ(タッチ)」があります。背面タップは名前の通り、端末本体の背面を指先で軽くタップして使う機能です。

使いこなせば便利な機能ですが、そもそもどういう機能なのか、使いたいけどどうやって使えばいいのか分からない、といった人は少なくないはず。

そこで今回は、背面タップの仕組みや対応機種を説明したあとに、設定方法やおすすめの使い方を詳しく解説していきます。

背面タップが反応しないときのコツも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

◆iPhoneの背面タップとは?

背面タップのイメージ

iPhoneの「背面タップ(タッチ)」機能とは、2020年9月にリリースされたiOS 14から追加された新機能です。

端末の背面を軽く2回または3回タップすることで、あらかじめ設定しておいた機能が使えるようになります。

◇背面タップの仕組みは?

背面タップは正面のディスプレイと違い、タッチパネル方式を採用していません。

タップしたときの振動を検知して動く仕組みになっています。

◇ケースに対応してる?

ケースを付けていても背面タップの利用が可能です。

しかし、分厚いケースを付けているとタップの振動が伝わりにくく、背面タップが反応しない可能性があるので注意しましょう。

◇背面タップの対応機種は?

背面タップはiPhone 8シリーズ以降の下記機種に対応しています。

iPhone 7シリーズ以前の機種をiOS 14にアップデートしても背面タップは使えません。

◆背面タップの設定方法

背面タップの設定方法

背面タップは素早く2回タップする「ダブルタップ」と、3回タップする「トリプルタップ」の2つに機能のショートカットを設定可能です。

初期状態では機能がオフになっているので、下記の手順を参考にそれぞれ設定しましょう。

◇【初級編】背面タップの設定手順

1.ホーム画面から「設定」アプリを起動してください。

2.設定アプリを開いたら「アクセシビリティ」をタップしましょう。

3.”身体機能および操作”にある「タッチ」をタップ。

4.画面を下にスクロールして「背面タップ」をタップしてください。

5.背面タップの画面を開くと、「ダブルタップ」と「トリプルタップ」の2つが表示されます。機能を追加したいほうのアクション選択しましょう。

6.「ダブルタップ」または「トリプルタップ」のどちらかを選択後、アクションに設定できる機能が一覧で表示されます。背面タップに設定したい機能をタップしてください。

以上が背面タップの設定手順になります。実際に機能を設定したアクションを実行し、背面タップが使えるか試してみましょう。

◇背面タップに設定できる機能

背面タップに設定できる機能はさまざまです。

サイドボタンをトリプルクリックして使う、アクセシビリティのショートカットに設定した機能のオン・オフを切り替えるアクセシビリティショートカットや、
起動しているアプリの切り替え画面を表示するAppスイッチャーなどかなりの種類の機能が設定できます。くわしくは家電小ネタ帳で。

背面タップはデフォルト(初期設定)では決められた設定しかできませんが、ショートカットアプリを使えばより高度な指示を出す設定が可能です。

◆最後に

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
ノジマの家電小ネタ帳では、今回紹介した内容を図解も含めて、より詳しく解説しています。
iPhoneの背面タップは、さらに高度な指示を出す設定の可能です。
「【上級編】背面タップでアクセシビリティショートカットを使う方法」なども紹介していますので、ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

「続きは家電小ネタ帳へ」

※この記事は2021年7月15日時点の記事です。