4Kテレビでも4K放送が見られない?4つの確認ポイントまとめ

4Kテレビでも4K放送が見られない?4つの確認ポイントまとめ

4K放送見られない4つの事例

4Kテレビでも、実は4K放送が見られない場合があることをご存知でしょうか。

いざ4K放送を見ようとしたら、見られない・・・なんて悲しいですよね。

今回は実際に4Kテレビなのに、4K放送が見られないケースを紹介します。

(1)4Kテレビではない

4Kテレビ

当然ですが4Kテレビではないと、4K放送は見られません・・・。

ここは分かりやすいですよね。

(2)4Kチューナー内蔵テレビではない

実は4Kテレビには「4K対応テレビ」と「4Kチューナー内蔵テレビ」の2種類があります。

「4K対応テレビ」にはチューナーが内蔵していないので、別途4Kチューナーが必要です。

4Kチューナーが内蔵されているかは、リモコンに「4Kボタン」があるかで簡単に判断ができますよ。

リモコンに「4Kボタン」が無い場合、「4Kチューナー内蔵テレビ」ではない可能性が高いといえます。

残念ながら4Kチューナーが内蔵していなかった場合は、別途チューナーを用意する必要があります。

チューナー単体でも販売されていますが、実はレコーダーにも内蔵しているものがあります。

4Kチューナー内蔵のレコーダーであれば、4K放送を見るだけでなく、録画もできるのでおすすめですよ。

(3)BS/CSアンテナがない

4K放送はBS/CSで放送されているので、前提としてBS/CSを見られる環境がないと視聴できません。

ベランダや屋根などにない場合は、あたらしく設置する必要がありますよ。

(4)チャンネルによっては4K対応のBS/CSアンテナが必要になる

上記のチャンネルは4K対応ではないBS/CSアンテナで見ることが可能です。

ですが「WOWOW 4K」などの一部のチャンネルは、4Kに対応するBS/CSアンテナが必要です。

◆4K放送を見るなら「ノジマ」へ

ノジマスタッフ

4K対応テレビがあっても4K放送は見られないことがあるなんて、なかなか複雑ですよね。

ノジマ店舗ではこういった分かりにくいことを、お客様ひとりひとりの環境を伺ったうえで、分かりやすくご説明いたします。

メーカー販売員のいないノジマだからこそ、様々なメーカーの特徴を比較しご提案できますので、お気軽にノジマ店頭にお越しくださいね。

詳細は「家電小ネタ帳」へ

※この記事は2021年7月21日の記事です。