【2021年版】ハロウィン今年はいつ?起源やお菓子や料理におすすめ家電を紹介

【2021年版】ハロウィン今年はいつ?起源やお菓子や料理におすすめ家電を紹介

ハロウィンの起源は悪霊対策

10月も終わりに近づき、いよいよハロウィン本番ですね。
近年は新型コロナウィルスの影響もあり、進んでパーティをしようという雰囲気ではなかったと思います。
しかし、緊急事態宣言も明け、少しずつ街が以前の営みを取り戻しつつあります。
この機会に、親しい友人やご家族で、おうちで小さなパーティを企画してみてはいかがでしょうか。


ハロウィンは、現在のアイルランドやイギリスにあたる地域で発祥したお祭りです。
日本でもハロウィンを楽しむ文化は若者を中心に確実に根付きつつあります。
中には、少し羽目を外してしまう若者もいるようですが、ハロウィンとはそもそもどういった趣旨のお祭りなのでしょう。
ハロウィンの本当の意味を知って、日本でも正しく良い文化が広まれば、万人が楽しめるお祭りになるはずです。
今回は皆様が今年のハロウィンを楽しく過ごし、素敵な思い出ができるよう、「ハロウィンの真相」について詳しく解説していきます。
また、ハロウィンを楽しむためのお菓子作りや料理作りに最適な家電を紹介したいと思います。

ちなみにハロウィンは10月31日と決まっています。
なぜ10月31日に行われるのか、それには理由があるのです。
ハロウィンはかつて、イギリスやアイルランドに起源を持つケルト人の行事のひとつでした。
古代ケルトでは、11月1日に新年を迎えます。
そして、その前日である10月31日の夜に、この世とあの世の境界が弱まって、先祖の霊魂が帰ってきます。
その時に先祖の霊魂と一緒に「悪霊」も訪れて、作物に悪影響を与え、子どもに悪さをすると言われてきました。
悪霊から身を守るため、仮装をしたり、魔よけの焚き火をして、悪霊を追い払っていたのが現在のハロウィンの起源です。

また、日本では家々を訪ねまわり、お菓子をもらうという習慣はありませんが、「トリック・オア・トリート」という言葉は有名です。
簡単に翻訳すると「お菓子をくれないと、いたずらするぞ」という意味合いになります。
こちらも由来は諸説あるものの、記事ではその中のひとつ「All Soul’s Day(オール ソウルズ デイ)」について解説します。
紀元後1000年頃に、カトリック教会が死者の魂を鎮魂させる儀式を行っていました。
その日程は11月2日でした。
儀式には魂を供養するためのソウルケーキが使われます。
成仏できなかった魂のために、ソウルケーキを持って家々を訪ね、「トリック・オア・トリート」と言います。
訪問を受けた人は、「トリック・オア・トリート」の言葉に対し、「ハッピーハロウィン」と返し、ケーキとお菓子を交換する、というのが由来だといわれています。

今回の記事では、このようにハロウィンについて様々な知識を集めて紹介しています。
この機会にハロウィンの理解を深めて、10月31日に向けて素敵なパーティーを企画しましょう。

詳しい内容は家電小ネタ帳をご覧ください。

※この度の記事の内容は2021年10月29日時点の情報です。