シェーバーの選び方を解説!ブラウンやパナソニック、フィリップスなどの特徴もご紹介

シェーバーの選び方を解説!ブラウンやパナソニック、フィリップスなどの特徴もご紹介

シェーバーの種類や特徴解説

シェーバーの選び方を解説!ブラウンやパナソニック、フィリップスなどの特徴もご紹介のアイキャッチ750-523

手軽に髭剃りができる便利なアイテムがシェーバーです。シェーバーは肌にやさしく髭剃りできるタイプや、濃い髭を深剃りできるタイプなど、さまざまな機種がラインナップされています。

レディース用シェーバーなども展開されており、ムダ毛を処理したい女性からも人気が高いアイテムです。

そこで今回は、シェーバーの選び方を解説します。人気メーカーの特徴なども解説するので、シェーバーの購入を検討している方は参考にしてみてください。

◆シェーバーとは?カミソリとの違いは?

シェーバーとは?カミソリとの違いは?

シェーバーとは、シェービングフォームや洗顔不要で使える電動髭剃りのことです。女性のムダ毛を処理するためのレディース用シェーバーなどもあります。

シェーバーとカミソリの主な違いは、刃が直接肌に触れるかどうかです。

カミソリは刃が直接肌に触れるため、深剃りしやすく、使用後はすべすべとした仕上がりになります。

しかし、直接刃が当たるので摩擦が大きく、肌にあたえる負担が大きいです。肌トラブルにつながる恐れがあるため、使用する際に注意が必要になります。

一方のシェーバーは、刃が直接肌に触れません。そのため、肌が刺激に弱い方でも安心して使えるのが魅力です。

剃る部位にあわせてアタッチメントを使い分けたり、髭の長さを調節したりすることもできます。また、剃る際に肌を濡らす必要がないので生活空間の多くの場所で使用が可能です。

敏感肌の方や使いやすさを重視したい方は、シェーバーの購入を検討してみてください。

◆シェーバーの種類

シェーバーの駆動方式

シェーバーは駆動方式によって「往復式」「回転式」「ロータリー式」の3種類に分けられるので、髭の濃さや肌質にあったものを選びましょう。

◇往復式

往復式

外刃でたたせた髭を、左右に往復する内刃で剃るのが往復式シェーバーです。
最もポピュラーな駆動方式で、商品ラインナップが充実しています。

パワーが強くヘッド部分の面積が広いため、深剃りしやすく、広い範囲も素早く剃れるのが特徴です。パワーが強い分、回転式よりも肌への負担が大きく、使っているときの動作音が大きいというデメリットもあります。

往復式シェーバーは、髭の量が多い方や髭が濃い方におすすめです。

◇回転式

回転式

円形の刃を高速回転させて剃るのが回転式シェーバーです。
肌にフィットしてやさしく剃れるため、肌への負担は少なくなっています。また、動作音が静かなので、周囲への音が気になる時間帯や外出先でも気軽に使用可能です。

一方で、ほかの駆動方式よりはパワーが弱く、深剃りや早剃りには向きません。

回転式シェーバーは、敏感肌の方や動作音が気になる方におすすめです。

◇ロータリー式

ロータリー式

円筒状の刃を回転させ、髭を巻き込みながら剃るのがロータリー式シェーバーです。日立製品にのみ採用されている独自方式なので、商品ラインナップは限られます。

往復式と同じように、深剃りや早剃りをしやすいのが魅力です。肌に密着しやすいため、肌にやさしく髭を剃れます。ただし、ロータリーの正しい方向から髭を剃らなかったり、強く押し付けたりすると、肌荒れの原因になる恐れがあるので注意しましょう。

ロータリー式は、髭にあった剃りかたをすれば肌に優しく深剃りや早剃りをしたい方におすすめです。

◆シェーバーの基本的な選び方

シェーバーの基本的な選び方

シェーバー選びで失敗しないために、注目したいポイントを解説します。

◇電源方式で選ぶ

電源方式で選ぶ

シェーバーの電源方式は「充電式」「充電交流式」「乾電池式」の3種類です。それぞれの特徴を踏まえ、自分の使い方にあったものを選びましょう。

◇充電式

充電式

充電式は、バッテリーを充電して使うタイプのシェーバーです。

充電している最中は使えないため、事前に充電しておく必要があります。防水機能に対応したモデルは充電式を採用していることが多いです。

◇充電交流式

充電交流式

充電交流式は、充電しながら使えるシェーバーです。

バッテリーが切れているときでも電源コードを挿すだけで使えます。また、バッテリーを充電しておけば充電式と同じように、外出先に持ち運んで使用可能です。

◇乾電池式

乾電池式

乾電池式は、乾電池を入れて使うシェーバーです。電池が切れたら新しい乾電池に交換するだけでまた使えるので、充電する手間がありません。軽量コンパクトなモデルが多いため、持ち運びに便利です。

このように、記事ではシェーバーの選び方やメーカーの特徴などをわかりやすく解説しています。

詳しくご覧になりたい方は「家電小ネタ帳」をご覧ください。

  • 2

    外刃の穴がでかいと、ヒゲの毛だけではなくて肉(皮膚)まで剃られるので血だらけになる 自分のヒゲの太さ(細さ)を考えて選ばないとかなり痛いことになる とくにヒゲの生え初めの中高生とかに、オヤジが使うような極太のヒゲでも剃れるようなのを買い与えてはいけない ちゃんと使う人間のヒゲの質を考えるべし 不安だったらカミソリを使え

  • 1

    日立は今は往復刃になりましたね〜 ところで、アゴの下の寝ている髭が気になる人には、往復刃の刃数の多いものをよく勧められるが、剃り方を工夫すれば3〜4枚刃程度で十分に剃れますよ!手で頬を持ち上げながら、刃の長辺をアゴと並行にしながら(普通のアゴの下の剃り方でなく、上下方向に剃る向きにして)横へ動かすのです。こうすると寝た髭がキレイに剃れて、安いシェーバーでもアゴの下がツルツルになりますよ!

すべてのコメントを読む