【2020年版】ソロキャンプや車中泊にも持っていきたいポータブル電源おすすめ3選!選び方もご紹介!

 

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)や車中泊をご存じでしょうか。アウトドアの新しい楽しみ方として老若男女問わずブームになっています。

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)はその名の通り一人でキャンプをすることです。ひとり焚火にあたりながら料理をしたり、楽器の演奏したり、映画鑑賞などの趣味を周囲に遠慮なく堪能できる、まさにロマンあふれる大人の遊びなんです。

また車中泊とは車で少し遠出をして、そのまま車の中にて宿泊することです。キャンプに敷居の高さを感じる方でも車中に宿泊することで非日常を味わいながら、キャンプより気軽にアウトドアを楽しめるんです。

どちらもここ数年You Tubeなどで話題になっている趣味ですが、童心に帰り自分だけの秘密基地感を楽しめるのが人気の秘密ですね。そしてこれらの遊びに欠かせないのが、ポータブル電源です。実は最近頻発している自然災害の備えに、停電時の非常電源としても注目されているんですよね。

そんな話題満載で役に立つポータブル電源のおすすめ【入門編】をまとめてみました。サイズや容量、正弦波・矩形波の違いやヘルツフリー家電など、ポータブル電源や接続する家電の選び方と合わせて是非参考にしてください。

◆モバイルバッテリーと一緒にしないで!まさに持ち歩ける電源。

◇ポータブル電源とは

ポータブル電源とはどういった商品なのか、ご利用の方が多いモバイルバッテリーとの比較でご紹介します。

どちらも充電してある電力を他の製品へ通電するといった機能は一緒ですが、貯めておける【量】と出力する【端子】に違いがあります。

モバイルバッテリーは1万mAh(ミリアンペアアワー)くらいまでの電力をUSBケーブルで出力する製品ですが、ポータブル電源は何倍にも相当する数万から数十万mAhもの電力を家庭用コンセントのプラグとして出力できます。

モバイルバッテリーがスマホなどの小型家電に使用するのに対し、ポータブル電源は自宅で使う一般家電を屋外でも使えるようにする製品なんです。

また「発電機」とちがい燃料を必要とせず、誰でも気軽に大容量の電力を屋外で使用できるのが人気の秘密です。

ポータブル電源があれば例えば扇風機や電気毛布などキャンプや車中泊で利用が多い家電製品を車内や屋外でも使用できます。

そんなポータブル電源を選ぶ上で最初に考えておきたいことが

・どういったものへ電力供給したいか
・どのくらいの時間(日数)使いたいのか
・どうやって充電するのか(家で充電・ソーラー充電・シガー端子からの走行充電など)

ポータブル電源には電力の波形や容量、形状など、あらかじめ知っていないと失敗してしまう要素があります。

あらかじめ自分の使用目的をしっかり決めて、あなたにぴったりな商品を選びましょう。以下ポータブル電源の見るべきポイントです。

続きは家電小ネタ帳

※記載の内容は2020年6月時点の情報です。