IPv6とは?快適なネット生活ができる!確認・設定方法や対応ルーターなども解説!

せっかく自宅に光回線サービスを導入したのに「通信速度が遅い!」と感じたことがある人は少なくないでしょう。

昨今はインターネットの利用者が増えてきたこともあり、回線の混雑による通信速度の低下がよくみられるようになりました。

そのような通信速度の低下を防ぎ、改善してくれるのが「IPv6」を使った新しい通信方式です。
実際に光回線サービスの広告などで「IPv6にするとインターネット速度が改善される!」なんて宣伝していますよね。

そこで今回は、新しい通信方式IPv6とはなんなのかを、光回線サービス初心者にもわかるように解説していきます。

◆IPv6とは?IPv4との違い
「IPv6」とは「Internet Protocol Version 6」の略称で、インターネット通信規格の1つです。
いまのインターネット環境では「IPv4」という通信規格が基準となっており、IPv6はIPv4の新バージョンにあたります。

ちなみに、読み方は「アイピーブイ6」または「アイピーバージョン6」です。

「IPv6とIPv4の違いとはなんなのか?」は、「IPアドレス」について知っておくと、理解しやすいです。
「IPアドレス(Internet Protocol Address)」とは、インターネットに接続された機器(パソコンやスマホ、家電製品など)に割り当てられる固有の番号のことです。

割り当てられたIPアドレスは、インターネットにつながっている機器を識別する役割を持っています。

パソコンやスマホが「家」で、IPアドレスが「住所」というイメージですね。

◇IPv6とIPv4の違い

IPv4とIPv6の大きな違いは、IPアドレスを割り当てられる数です。

現在メインで使われているIPv4が、機器に割り当てられるIPアドレスは、「約43億個」といわれています。

43億なんて、一見すると膨大な数に感じますが、実は現時点でそのほとんどが割り当たっています。
ほとんどの回線が使われているため、回線の混雑が起きているのです。

家が置けない

世界の人口約60億を考えると、IPアドレスが不足するのは納得ですね。

そんなIPアドレス不足を回避するために誕生したのが、新しいインターネット通信規格「IPv6」です。
IPv6が機器に割り当てられるIPアドレスは「約340澗(かん)個」で、IPv4の約43億個を「43億×43億×43億」倍にした実質無制限といえる数です。

無制限にIPアドレスを割り当てられるIPv6を利用することで、IPアドレス不足の解消や回線混雑による通信速度の改善が期待されています。

ただ、IPv6が速いといわれているのはIPアドレスを割り当てられる数が多いからではなく、「接続方式」の違いによるものです。

通信方式の違いとは、どういうことでしょうか?

続きは家電小ネタ帳
※この記事は2020年7月20日時点の内容です。