えっ!うちのエアコン臭い…原因はカビ?対策と除去方法は?【2022年版】

えっ!うちのエアコン臭い…原因はカビ?対策と除去方法は?【2022年版】

えっ!うちのエアコン臭い…原因はカビ?対策と除去方法は?【2022年版】

エアコンを起動したときに、カビ臭いような、生臭いような、雑巾臭いような…とにかく不快なにおいがしたことはありませんか?
このにおい、何とかしたいけど、エアコンを使わないわけにはいかない!でも、色々道具が必要だったり、自分では難しいと思われている方も多いのではないでしょうか。

エアコンが臭い状態で使用し続けるとぜんそくなど体調不良の原因になりかねません。

そこで今回はエアコンがカビ臭い・生臭い原因をはじめ、冷房、暖房の温度設定などによってにおいを消す対策、裏技をご紹介します!

また、誤った対策でエアコンを壊さないように、エアコンのにおいを消すときの注意点にも触れています。

あまり道具は使わずに身の回りの物で今すぐ実践できるので、エアコンのにおいで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆エアコンがカビ臭い・生臭い原因は?
エアコンの臭いを消すためには、まずは原因から知る必要があります。
早速、エアコンからカビ臭い・生臭い異臭が生じる原因を見ていきましょう。

◇エアコンから臭いが発生する原因1.空気中の汚れ

エアコンは内気循環式といって、室内の空気を吸い込んで冷やしたり温めたりして、部屋に戻します。その時、室内の臭いも一緒に吸い込みます。

具体的には、ホコリや蒸発した汗、料理中の油やアロマ、喫煙者がいればタバコの臭い、ペットがいればペットの臭いや毛も、エアコンは吸い込みます。
さまざまな臭いが混ざり、結果として汗臭い・雑巾臭い異臭を放つようになるのです。

また、ホコリをはじめ皮脂や粉末化した唾液などの汚れは、カビの発生原因でもあります。カビが発生してしまうと、エアコンからカビ臭い・生臭い風が送風されます。

◇エアコンから臭いが発生する原因2.熱交換器から発生する水

冷房や除湿で運転すると室内機の熱交換器(フィン)から水が発生し、これも悪臭の原因とされています。
熱交換器から出た水はドレンパンという水受け皿にたまり、ドレンホースを通って外へ排出されます。

しかし、すぐに乾くわけではなく、どうしても水は残ってしまいます。
それが熱交換器の汚れを栄養に、カビの原因になるのです。

ちなみに、暖房運転では内部に水は発生しないので、冬場よりも夏場のほうが悪臭が発生しやすいです。

◇エアコンから臭いが発生する原因3.フィルターの汚れ

フィルターは、エアコンが空気を吸い込むときに、ホコリなどを吸い込まないようにするためのものです。

しかし、そのフィルター自体が汚れていたら、わざわざ空気を汚して内部に取り込むようなもの。

熱交換器やドレンパンと違ってフィルターは簡単に取り外せるので、臭いが気になる際は、フィルターを確認してみてください。

◇エアコンから臭いが発生する原因4.排水溝の臭いがドレンホースに侵入

エアコンは部屋の空気を吸い込む仕組みなので、基本的に室外の異臭が原因で臭いが発生することはありません。

ただ、ドレンホースから侵入してくる臭いには注意が必要です。
ドレンホースは、エアコン内に発生した水滴を室外へ排出するホースです。

そんなドレンホースの先端が排水溝などに入っていると、排水溝の臭いがホースを通って室内に伝わってきます。

エアコン自体の清掃をしても臭いがおさまらない場合は、ドレンホースの周辺環境にも目を向けてみてください。

◆エアコンがカビ臭い・生臭いときの対策は?
エアコンの臭いを発生させるカビを減らすことが、消臭への近道です。

そのためには、カビの栄養となる汚れを掃除することが重要です。では、どのようにエアコンの本体を掃除すればよいのでしょうか?

※機種により方法が異なる場合があります。お手入れは説明書を確認してから行ってください。

◇エアコンの臭いを消す対策1.エアコンのフィルターを掃除する
まず、カビの栄養源が潜むフィルターの掃除を実施します。フィルター清掃の一般的なステップは下記の通りです。

1.エアコンのカバーを開きフィルターを取り外す

取り外す前に掃除機である程度ホコリを吸い取ると、ホコリが舞うのを防げます。

2.掃除機でフィルターに付着したホコリを吸う

ホコリはフィルターの外側(オモテ面)についているので、外側から掃除機で汚れを吸い取ります。

3.浴室などで水洗いする

汚れがひどい場合は、水洗いします。水はフィルタの内側(ウラ面)から当ててください。
また、柔らかい歯ブラシなどを使って優しくこすり、フィルターを傷つけないようにしましょう。

4.陰干しによって完全に乾燥させる

天日干ししたりドライヤーで乾かしたりすると、フィルターが変形する恐れがあります。
必ず陰干しで乾かしてください。

続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2020年7月16日時点の情報です。