洗濯機の排水ホース水漏れしてません?交換時期や掃除方法を紹介!

洗濯機は日常的に使うものなのに、排水ホースは引っ越しのときくらいしか触ることがないですよね。一度取り付けてしまえば、次の引っ越しまで一度も見ない方も多いのではないでしょうか。

ある日突然、いつも通り洗濯をすると排水ホースから水漏れしてしまう、なんてことも。洗濯機の水漏れの原因に、排水ホースが劣化している、排水ホースが詰まっている点が挙げられます。

そこで今回は、洗濯機の排水ホースの交換方法や、掃除方法についてご紹介していきます。

洗濯機の排水ホースの交換や掃除は女性でもできる簡単な作業なので、水漏れを起こしてしまう前に一度、排水ホースの点検をしてみてくださいね。

◆洗濯機の水漏れが起きる主な原因は排水ホース

排水ホースから水漏れしたら

水漏れの主な原因はホース

洗濯機の排水ホースは定期的に掃除をしないと、洗濯のときに出てくるゴミや糸くずなどがこびりつきやすくなっています。排水ホース内が詰まって水が流れにくくなると、水漏れを起こしてしまうこともあります。

排水ホースの材料である樹脂は、時間とともに劣化が進みます。もろくなって亀裂が入ったり穴が開いたりして、水漏れにつながってしまうことも。

こまめな掃除をしていても、長年洗濯機を使うと排水ホースは劣化してしまうので、交換が必要です。

◆洗濯機の排水ホースの交換方法

洗濯機の排水ホースを交換する方法についてご紹介します。必要なものの準備、取り外す、長さの調整、取り付けるの4つに分けて、詳しく説明していきます。

女性でも簡単に交換ができるため、業者を呼ぶ必要もなさそうです。

◇1.排水ホースを交換するときに必要なものを準備する
洗濯機の排水ホースを交換するにあたり必要なものは、

・新しい排水ホース
・はさみ
・結束バンド
・ビニールテープ
用意するもの

上記の4つです。

洗濯機を購入したメーカーに問い合わせると、純性の排水ホースを購入可能です。購入から10年以上経っていると、在庫がなく生産も中止になっている可能性もあります。

純正ではありませんが、ホームセンターやネットでも排水ホースを購入できます。

排水ホースによってサイズが違うため、新しい排水ホースを購入するときは事前に差し込み口の直径を測って同じサイズのものを買うようにしましょう。

別のメーカーの排水ホースでも、サイズが同じであればきちんと交換できますよ。延長ホースという記載がある商品もあり、こちらもサイズが同じであれば交換可能です。

◇2.排水ホースを取り外す
排水ホースは洗濯機のどこかから出ていて、洗濯機と排水ホースはホースクリップというものでとまっています。ホースクリップは差し込み式とねじ式の2種類があり、差し込み式であれば簡単に手で外すことが可能です。

ねじ式の場合は、ドライバーでねじを緩めてから取り外しましょう。

ホースクリップとは

ホースクリップとは

◇3.排水ホースの長さを調整する
新しい排水ホースが購入した洗濯機のメーカーのものであれば、調整する必要はありません。

ホームセンターなどで購入した別のメーカーのものの場合は、排水ホースの長さをハサミで切って調整しましょう。古い排水ホースと長さを合わせるといいかもしれません。

◇4.排水ホースを取り付ける
新しい排水ホースにホースクリップを取り付けます。取り付け方が緩いと水漏れの原因になるため、しっかりとつけるようにしましょう。

洗濯機の排水口についている排水エルボを取り外し、新しい排水ホースと結合します。水漏れが起きないように、ビニールテープを巻いて固定をするといいでしょう。

ビニールテープの上からさらに、結束バンドを巻くとより効果的です。最後にいったん取り外した排水エルボを排水口に挿入すると、交換が完了です。

向きなどはなく差し込むだけなので、簡単に取り付けられそうですよね。

続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2020年8月10日時点の情報です。