【決着】どんなときもWi-Fiの終焉!いきなり一方的な強制終了!代替案で解決へ

クラウドSIMで通信量無制限のモバイルルーター、「どんなときもWi-Fi」を提供する株式会社 グッド・ラックが突如、通信量無制限プランの終了を宣言しました。タレントの今田美桜さんと佐藤二朗さんがアドリブでかけあうCMを思い出す方も多いのではないでしょうか。

「どんなときもWi-Fi」は、2020年2月末からずっとトラブル続きだったのですが、続けていくにはお客様に対して不誠実になってしまうという理由から終了となりました。

通信量無制限を契約していた無制限組が終了を発表される中、次の更新月まで月間25GBの制限があるが、無料で使用できていた25GB組は、ほとんどのユーザーが自分は無制限組ではないから対象外だと思っていました。

そこに、無制限組だけではなく、25GB組にも2020年10月31日までの終了宣告がされたのです。

通信量無制限が売りだった「どんなときもWi-Fi」でしたが、「通信制限がかかってしまう」「つながりにくい」「つながらない」などの苦情から2020年6月に総務省より行政指導が入り、再発防止措置報告も発表されました。

終了宣言がどのようなものか、25GB組が悲しい末路を辿った経緯も、あまり詳しくない方にも一連の流れをわかりやすく例えての説明と、今後のグッド・ラックの対応なども解説していきます。

◆グッド・ラックの「どんなときもWi-Fi」終了宣言とは?

 

終了宣言

RSS用の表

続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2020年9月3日時点の情報です。