夜だけ遅くなるインターネットでお困りの方!知っておくべき原因と改善方法!

夜にインターネットを使っていて、ほとんどの方が「重い!遅い!」と感じたことがあるのではないでしょうか。映画やYoutubeを見ているときに急に止まったり、動きがカクカクしていたり、ゲームしているときに急に画面が動かなくなった経験をもつ方は多いのではないでしょうか。

インターネットに感じる悩み

・映画や動画がしょっちゅう止まってストレス!

・夜になるとすごく重くなる!

・原因も改善方法もわからない!

今回の記事では、上記のような悩みを持っている方の役に立つように、夜になるとインターネットが重く、通信速度が遅くなる原因とどうすれば改善できるのかを丁寧に解説します!

◆まずは現在のスピードをチェック!快適な速度はどれくらい?

スピードチェック

インターネットが遅いと感じている方は、まずは現在のスピードがどれくらいなのかをチェックしましょう。チェックの方法は簡単!下記のサイトのどちらかに入り、測定するボタンをクリックするだけです。早速試してみましょう!

BNRスピードテスト

ブロードバンドスピードテスト

夜だけ速度が落ちているのか、昼も遅いのか、どれくらい遅くなっているのかなどを確認してみましょう。

快適なスピード

ストレスを感じない快適な速度とは一体どれくらいの速さをいうのでしょうか。インターネットの速さは「bps」という単位で表します。bpsは1秒間にどれくらいの量のデータを送受信できるかを表したものです。用途によって快適な速度が違うため、下記を参考にしてみてください。

速度の目安

・ウェブサイトやホームページの閲覧、メールの送受信など…2Mbps以上

・Youtubeなどの動画視聴やSNSへの写真や動画のアップなど…5Mbps以上

・スポーツなど高画質の映像が必要なものやデータ通信量が大きいゲームなど…20Mbps以上

上記を見ると、「あれ?こんなに低い数値でいいの?」と思うかもしれません。

世界最高速のNURO光は最大2Gbps、それ以外の光回線(フレッツ光やauひかりなど)は最大1Gbpsであるため、簡単にクリアできそうな数値だと思いますが、最大の数値は理論上の数字であり、実際は1/10も出れば万々歳です。

後でくわしく説明しますが、通信速度が遅くなる原因はいろいろあるので、20Mbpsを超えることはそこまで簡単なことではありません。

※ちなみに1Gbps=1000Mbpsです。

続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2020年9月7日時点の情報です。