テザリングとは?iPhoneのテザリングのやり方を解説!できないときの対処法も

テザリングとは?iPhoneのテザリングのやり方を解説!できないときの対処法も

テザリングとは?iPhoneのテザリングのやり方を解説!できないときの対処法も

光回線サービスやモバイルルーターといったWi-Fiがない環境で、パソコンやタブレット端末をインターネット接続したいときに便利なのが「テザリング」。
テザリングはスマートフォンのモバイルデータ通信を利用し、ほかのデバイスをインターネット接続できる機能です。

そんな便利なテザリング機能ですが、「使ってみたいけどやり方がわからない」という人は少なくないはず。

そこで今回は、テザリング機能の紹介とiPhoneを使ったテザリングのやり方を解説していきます。
あわせてテザリングを利用する際の注意点やおすすめの光回線、モバイルルーターを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

◆テザリングとは?キャリア別のオプション料金は?

「テザリング」とは、スマートフォンなどのモバイルデータ通信を使用して、パソコンやタブレット端末といったほかのデバイスをインターネット接続する機能のことです。

手持ちのスマートフォンをアクセスポイント(モバイルルーター)として使えるので、Wi-Fiのない環境でもインターネットが利用できます。

外出時にパソコンでインターネットを使う機会が多い人にとって、テザリングは非常に便利な機能です。

◇テザリング接続には3つの種類がある

テザリングの接続方法は大きく「Wi-Fi接続」、「Bluetooth接続」、「USB接続」の3種類に分けられます。
それぞれのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

【Wi-Fi接続のメリット・デメリット】

テザリングの接続方法で一般的なのが「Wi-Fi接続」です。

メリット 

・通信速度が速い
・Wi-Fiなので対応デバイスが豊富
・複数のデバイスを同時に接続できる
・別途ケーブルを用意する必要がない

デメリット 

・バッテリー消費が激しい
・複数デバイスを同時接続すると通信速度が落ちる

上記のメリット・デメリットから、Wi-Fi接続は最も実用性の高い接続方法といえるでしょう。

【Bluetooth接続のメリット・デメリット】

「Bluetooth接続」はBluetooth機能を利用してインターネット接続する方法です。

メリット 

・バッテリーの消費量が少ない
・複数のデバイスを同時に接続できる
・別途ケーブルを用意する必要がない

デメリット 

・通信速度が遅いので大容量データの利用に不向き
・接続先がBluetooth対応機器でなければいけない

Bluetooth接続はWi-Fi接続に比べるとメリットが少ないので、実用性は低いといえるでしょう。

【USB接続のメリット・デメリット】

USBケーブルを使って有線接続するのが「USB接続」です。

メリット 

・Wi-Fi接続より通信速度が速い
・電波の混雑の影響を受けにくく、安定性がある
・スマートフォンを充電しながらテザリングできる

デメリット 

・USBケーブルの持ち運びが必要
・接続側のデバイスにUSBポートが搭載されている必要がある
・同時に接続できるのは1台のみ

テザリングを使って長時間インターネットを使う場合に、最適な接続方法です。

◇テザリングオプションの料金|ドコモ・ソフトバンク・au

大手キャリアで契約したスマートフォンでテザリングを利用する場合、追加オプションへの加入が必要な場合があります。

続きは家電小ネタ帳
※記載の情報は2020年9月時点のものです。