【2020年最新】意外と知らないBeats(ビーツ)のススメ!Beats Flexも含めて違いを教えて!

【2020年最新】意外と知らないBeats(ビーツ)のススメ!Beats Flexも含めて違いを教えて!

Beats特徴や製品の違い解説

【2020年】現行のApple<a href='/topics/keyword/ヘッドホン/160530018201/'>ヘッドホン</a>や<a href='/topics/keyword/イヤホン/160530008554/'>イヤホン</a>のBeats(ビーツ)は何種類?最新のBeats FLEXも含めて違いを教えて!のアイキャッチ

Beats(ビーツ)とはアメリカで誕生したオーディオブランドであり、2014年にAppleの傘下に入りました。

プロをも認める高音質と洗練されたデザインが特徴であり、世界中の多くの音楽関係者やアスリートに愛用されています。

Beatsには、プロモデルの「Beats Solo Pro」・定番モデルの「Beats Solo3」・オーバーイヤー型高性能モデルの「Beats Studio3」・コスパ重視有線モデルの「Beats EP」の4種類のヘッドホンと、

完全ワイヤレスのハイスペックモデルの「Powerbeats Pro」・運動時に適したモデルの「Powerbeats」・オールマイティモデルの2020年10月21日新発売の「Beats Flex」の3種類のイヤホンがあります。Beatsの特徴やそれぞれの製品の違いをわかりやすく解説します!

海外や日本の有名人が愛用していたり、音楽ファンやアーティストに根強く人気のある「Beats」ですが、Studio?Solo?Pro?Flex?などいろいろな種類があり、どれが一番自分に合うのかわからない人もいると思います。

そんな人のために、今回の記事では現行のBeatsの全種類とそれぞれの特徴をわかりやすく紹介します。

◆そもそも「Beats」ってなに?Appleとはどんな関係?

Appleのロゴ画像

Beats by Dr.Dre(ドクター・ドレー)は、ヒップホップ界で有名な音楽プロデューサーのDr.Dreと起業家のJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィーン)の2名によって2006年に作られました。「音に込められたすべてを伝えるために」をコンセプトに誕生したアメリカのオーディオブランドです。

洗練されたデザインや業界のプロに認められた音質が、多くの愛用者を生み出しており、世界のスポーツ選手や著名人などを使ったマーケティング戦略が功を奏して有名になったBeats Electronicsの製品になります。

2014年にAppleに約3,000億で買収されたことで、より知名度が高まりました。

◆Beatsの特徴とは?根強く愛されている理由は?

Beatsロゴ

世界中で高い人気を誇るBeatsの愛され続ける理由をご紹介します!

◇Beatsの魅力 1. 高音質!

高音質の画像

Beatsといえばまずはこれです。音楽ファンやプロをも唸らせる高音質がBeatsの魅力!特に重低音の音質を重視している点が特徴です。もちろん低音域だけではなく、中音域や高音域のバランスも良く、トータルでかなり高い音質となっています。

クラブミュージックやテクノポップ・クラシックミュージックなども良いですが、やはり1番はPOPやロック系の音楽を聴くのに適しています。

◇Beatsの魅力 2. スタイリッシュなデザイン!

Beats Solo Proの画像

続いてのBeatsの魅力は洗練されたスタイリッシュなデザインです。特にヘッドホンはファッションアイテムの一つとなっているため、デザインがとても重要です。デザイン重視でBeatsを選ぶ人も少なくないのではないでしょうか。

Beatsのヘッドホンは、ヘッドホンだからといってゴツゴツしているわけではなく、丸みを帯びたとてもスタイリッシュなデザインとなっています。

その他にも、耳の装着部分にはBeatsを表す「b」のロゴが入っていたり、豊富なカラーバリエーションがあったりと、おしゃれ度をもう一段階高めてくれるような好みのデザインのヘッドホンをもつことができます。有名なアスリートやファッション関連の著名人も愛用するほどです。

◇Beatsの魅力 3. Apple製品との相性!

iPhoneやiPad

3つ目の特徴はApple製品との相性が良いことです。2014年にAppleに買収されたことで、Apple製品との連携がとてもしやすくなりました。

iPhoneやiPadといったApple製品との互換性に優れており、ワンタッチでペアリングすることができます。

日本のスマートフォンはiPhoneのシェアが50%を超えており、この記事を読んでいただいている人の多くもiPhoneを使っているのではないでしょうか。iPhoneユーザーには特にオススメですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

続きは家電小ネタ帳
※記載の内容は2020年11月9日時点の情報です。