水だけで家中綺麗にできて除菌も!おすすめスチームクリーナー特集!

水だけで家中綺麗にできて除菌も!おすすめスチームクリーナー特集!

蒸気クリーナーの特徴を紹介

水だけで家中綺麗にできて除菌も!おすすめスチームクリーナー特集!のアイキャッチ

約100℃の高温スチームを発生させることで汚れを浮かし、簡単にキレイにすることができるスチームクリーナーですが、大きく分けてハンディタイプ・スティックタイプ・キャニスタータイプの3つがあります。

コンパクトで片手で持てるハンディタイプは水回りなど細かい場所に適しており、立ちながら掃除できるスティックタイプはフローリング掃除に向いており、本体サイズが大きくパワフルなキャニスタータイプは長時間の使用にオススメです。

スチームクリーナーの選び方から、ケルヒャーなどのおすすめのスチームクリーナーまで紹介します!

◆スチームクリーナーとは?どんな特徴をもっている?フローリング以外にもあらゆるところの汚れを落とせる!

ケルヒャースチーム

※出展元:スッキリ掃除&除菌も!家庭用スチームクリーナー | ケルヒャー

スチームクリーナーとは、高温のスチームを発生させ、しつこい汚れも簡単に落とすことができる機器のことです。スチームクリーナーならではの特徴がいくつかあります。

◇スチームクリーナーの特徴 1. 大量の水や洗剤を使わずに頑固な汚れを落とすことができる

スチームクリーナーの特徴の1つ目は、大量の水や洗剤を使うことなく、どんな汚れでも簡単に落とすことができる点です。

約100℃の高温スチームをあてることで、汚れを浮き上がらせ落とすことができます。高圧洗浄機とは違い大量の水を使わないため、びしょ濡れになる心配がありません。

◇スチームクリーナーの特徴 2. あらゆる場所をキレイにすることができる

ケルヒャーフローリング

※出展元:スッキリ掃除&除菌も!家庭用スチームクリーナー | ケルヒャー

スチームクリーナーのうれしいポイントの2つ目は、いろいろな場所のさまざまな汚れを落とすことができるところです。

フローリングや床はもちろんのこと、頑固な油汚れがあるコンロやソファなどの布製品、手ではなかなかきれいにできない窓のサッシなど、あらゆる場所の汚れを落とすことができます。

ただし、熱に弱い製品に使うと変形したりする場合があるため注意が必要です。

また、洗車に使いたい人もいると思いますが、塗装が変質してしまう可能性があるため車を洗う時は高圧洗浄機や専用の洗剤を使うことをおすすめします。

◇スチームクリーナーの特徴 3. 殺菌・防カビ効果がある

殺菌・防カビ効果

スチームクリーナーはキレイにするだけではなく、殺菌や防カビの効果もあります。

高温の蒸気を使って汚れを落とすため、キレイにすると同時に目には見えない細菌やカビ菌を除菌してくれます。

インフルエンザが流行るシーズンやカビになりやすい浴室などにはとても嬉しい効果です。さらには、においの原因となるものも除去できるため消臭効果もあるんです。

◇メリットだけではなく、デメリットもある・・・
当たり前ですが、メリットだけではありません。スチームクリーナーの主なデメリットは2つです。

【デメリット 1. 使えない場所がある】

様々な場所の様々な汚れを落とすことができるスチームクリーナーですが、使えない場所もあります。それは洗浄する場所の材質による違いです。

材質によってはフローリングやワックスが剥がれてしまったり、ガラスやプラスチック・人工大理石など熱に弱い素材は、変形したり割れたりすることもありますので注意が必要です。

使う前には問題無いか、しっかりと調べることをオススメします。

【デメリット 2. 手入れが少し面倒】

スチームクリーナーは水道水を使うため、使い続けているとタンクの中にカルキがたまってきます。

それにより、ホースやノズルに詰まって使えなくなることがあります。こまめにクエン酸による手入れをしないといけない点が少し面倒です。

続きは家電小ネタ帳で
※記載の内容は2020年11月21日時点の情報です。