PS5のコントローラー、充電スタンドなど周辺機器を解説|PS4との互換性や用途を紹介

ゲーム好きが待ち望んだ「PlayStation5(通称 PS5/プレステ5)」が2020年11月12日に発売!すでに遊んでいる方もいるかもしれませんが、PS5の性能を100%楽しめていますか?

PS5にはハイスペックな周辺機器がたくさん用意されているので、もっと楽しく快適にゲームをプレイするために、周辺機器を導入を検討してみてもいいかもしれません。

今回はPS5の周辺機器について注目ポイントや使い方、スペック、互換性などを解説していきます。周辺機器の導入に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

◆そもそもPS5とは?

PS5周辺機器の必要性については、PS5本体の概要を知ってから判断することになります。まずはPS5の概要から解説していきます。

◇PS5の概要

PS5の概要

PS5は、超高速SSDを採用しており、ロード時間が短縮されています。
独自にカスタマイズされた設計やカスタム・でコンプレッサーなどにより、データの転送速度が毎秒5.5GBという驚異的な読み込み速度になっています。
インストールされたゲームが瞬時に読み込まれるので、HDDはもちろん一般的なSSDよりもスムーズにソフトをプレイすることが可能です。

また、統合I/O(Integrated I/O)によってCPUやGPUなどもカスタムされ、従来のPlayStationの常識を上回る処理性能を実現しました。
それにより、水やガラスに映り込む表現、光の反射や屈折、影など場面に応じて今まで以上にリアルにできる「レイトレーシング」機能で体感できるようになりました。

PS4は4K/60fpsまででしたが、PS5は4K/120fpsまで対応できるようになりました。
気に入ったPS5のタイトルを美しく鮮明な映像でプレイに加えて、よりなめらかに表現できるのも魅力的です。
※120fpsでプレイするには別途で120fpsに対応したモニターとゲームが必要になります。

後方互換性にも対応しており、互換動作に対応しているPS4タイトルをプレイすることも可能です。
また、PlayStationVRをPS5に接続することもでき、対応しているPS VRのゲームまで楽しめます。

◆PS5の周辺機器は買うべき?おすすめ機器の特徴や使い方について

PS5をもっと快適にプレイしたいのであれば、周辺機器を整えることをおすすめします。

早速、付属のDualSense ワイヤレスコントローラーを含めて、PS5の周辺機器について魅力やスペックなどをまとめて解説していきます。

気になる製品があればぜひ導入してみてください。

◇周辺機器1.DualSense ワイヤレスコントローラー

PS5のDualSense(デュアルセンス) ワイヤレスコントローラーは、ホワイトカラーとブラックカラーの2色をベースとしたコントローラーです。
DUALSHOCK4の機能も継承しつつ、リアルさを追求された振動も実現されました。
例えば、弓を引く感触やレースゲームでのブレーキペダルを踏む感覚など体感できるので、より没入感をえられるでしょう。

ヘッドセット端子につなげば、自分が使い慣れているヘッドセットを利用することもできます。
内蔵バッテリータイプであることから、USB Type-Cによってコントローラーを充電・接続できます。

PS5本体にはDualSense ワイヤレスコントローラーは一つしか付属されていないので、オフライン協力プレイをするには別途購入しなければなりません。友達や家族と自宅で協力プレイをしたい方は、別売りコントローラーの導入を検討してみるとよいでしょう。

続いては注目ポイントをご紹介します。

続きは家電小ネタ帳

※記載の内容は2021年2月時点の情報です。