ローソン、電子タグを用いた実証実験開始 店舗でのダイナミックプライシングやターゲティング広告を実施

ローソン、電子タグを用いた実証実験開始 店舗でのダイナミックプライシングやターゲティング広告を実施

実証実験のイメージ

 ローソンは、2月12日から2月28日までの期間、ローソンゲートシティ大崎アトリウム店において、電子タグ「RFID(※)」を活用した実証実験を実施する。

(※)RFID(Radio Frequency Identification)は、電波を利用して非接触で電子タグのデータを読み書きする自動認識技術

 同実証実験は、経済産業省が主導し、コンビニ各社が共同で策定した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に基づき行われるもの。「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」には、2025年までに、すべての取扱商品へ電子タグを貼り付け、商品の個品管理を実現することがうたわれている。

 小売業やメーカーをはじめとしたサプライチェーンは、食品ロスや返品といった課題への対応が求められている。電子タグを活用すると、特定の商品が、いつ、どこに、何個あるのかというデータをリアルタイムで取得可能になり、サプライチェーンでの情報共有が実現。これにより、在庫の可視化やIoTでの活用が期待できる。
実証実験のイメージ

 同実証実験の内容は次の通り。「ダイナミックプライシング」は、対象商品に貼付した電子タグを、棚に設置したリーダーで読み取ることで、消費期限が近い商品を特定する。その上で実験用LINEアカウントに登録している顧客にお得な情報を通知し、対象商品を購入した顧客に後日LINEポイントを還元する試みだ。

 また、デジタルサイネージによるターゲティング広告では、顧客が手に取った商品を電子タグが認識し、商品棚に設置したデジタルサイネージでその商品の情報や広告を流す。これにより、顧客それぞれに合わせた商品の紹介が可能だ。

 さらに、電子タグリーダー付レジの設置や、メーカーや物流センターにおいて対象商品へ電子タグを貼付し、情報共有システムにデータを蓄積することで、在庫情報を可視化する取り組みも行われる。

関連記事(外部サイト)