Amazonが1万円で買える高性能タブレット『Fire HD 8』を発売

Amazonが1万円で買える高性能タブレット『Fire HD 8』を発売

@DIME アットダイム

Amazon.co.jpから、多様なエンターテインメントを満喫するのために基礎から再設計した新世代Fire HDタブレット、『Fire HD 8』が発表された。8インチ・ワイドスクリーンHDディスプレイとクアッドコアプロセッサを備えた『Fire HD 8』は、驚異的な12時間のバッテリー持続時間を実現、50%増強したRAMにより高速性も向上され、2倍の内部ストレージに加え別売のmicroSDカードによりストレージを最大200GB拡張することが可能だ。価格は16GBモデルでプライム会員には8980円(税込)、プライム会員以外には1万2980円(税込)で提供する。32GBは1万5980円。発売予定日は2016年9月21日。

Fireタブレット担当ゼネラルマネジャーのケヴィン・キースは、今回の発売に際して次のように述べている。
「Fireタブレットに採用したプレミア機能をお求めやすい価格で提供することで、お客様にご好評をいただいております。Fireタブレットは全世界で前年比2倍以上の売上を達成しています。新しいFire HD 8は、長いバッテリー持続時間、大容量ストレージ、高性能な機能を備え、そのすべてをわずか8980円でお求めいただけます」

『Fire HD 8』では何百万本もの映画、TV番組、音楽、Kindle本、アプリ、ゲーム等へのアクセスに加え、X-Ray、ASAP、Second Screen、On Deckなどの独自の機能を備えている。8インチHDディスプレイと持ち運びしやすいサイズにより、『Fire HD 8』はエンターテインメントに最適なタブレットだ。

『Fire HD 8』の主な特徴は、まず100万画素以上(189ppi)の8インチ・ワイドスクリーン・HDディスプレイ(1280×800)による明るく見やすい画面が上げられる。そして、プロセッサにはクアッドコア1.3GHzプロセッサと1.5GB RAMを搭載。前世代の『Fire HD 8』よりも50%増強したRAMで、ゲームやアプリのためのさらなる高速化を実現した。内部ストレージは16GBと32GBの2種類から選択が可能。別売のmicroSDにより最大200GBのストレージ拡張をサポートしている。バッテリーは4750mAhバッテリー搭載により、持続時間が最長12時間に改善され、一日分の電源を確保した。OSはコンテンツを雑誌のページのように美しく表示して、閲覧と検索も簡単なユーザーインタフェース、Fire OS 5を搭載している。耐久性に関しては、自社のランダム落下試験で『Fire HD 8』は『iPad Mini 4』の2倍の耐久性を証明した。

コンテンツについては、数百万本の映画、TV番組、音楽、Kindle本、雑誌、アプリ、ゲームにアクセス。購入したすべてのAmazonコンテンツを無料で保存できる容量無制限のクラウドストレージも利用できる。プライム会員であれば、On Deck機能により、人気のプライム映画、プライムTV番組やAmazonオリジナル作品をFireタブレットに自動的にダウンロード。プライム会員以外の人でもAmazonオリジナル作品の初回エピソードのダウンロードが可能だ。

製品情報

https://www.amazon.co.jp/dp/B01AHBD6R0

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)