+Styleが生体データを計測・分析して睡眠の質を向上させるアイマスク型デバイス『Neuroon』を発売

+Styleが生体データを計測・分析して睡眠の質を向上させるアイマスク型デバイス『Neuroon』を発売

@DIME アットダイム

ソフトバンクは消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」において、生体データを計測・分析し、睡眠の質を向上させるアイマスク型のデバイス『Neuroon(ニューロン)』(販売元:BlueGreenGroup)の販売を開始した。価格は3万4999円(税込み)。

 

『Neuroon』は、睡眠中の脳波、心拍、体温、体動などの生体データを計測・分析して、睡眠の質を向上させるアイマスク型のデバイスだ。マスクの内側から専用の光を出して脳に働きかけることで睡眠ホルモンの量を調整して入眠を促したり、寝覚めをよくすることが可能。スマートフォンと連携して、『Neuroon』で計測した生体データを分析し、分析結果から個々の状態に合わせたプログラムを提案する。

主なものとしては、時差を計算してどのタイミングで睡眠をとれば良いかを数日前から提案して時差ボケを軽減するプログラムや、睡眠が浅い最適なタイミングに日の出を再現した光で起こすプログラムが用意されている。

本体外形寸法は306×84mm、ストラップサイズは420×28mm (調節可能)。EEG + EOG センサー、パルスオキシメーター、3軸加速度計、温度の各センサーを搭載。最大7日間分の生体データを保存できる。対応OSはiOS7、iPhone5以降、Andorid4.3以降。

製品情報

https://plusstyle.jp/shopping/item?id=27

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)