機種代込みで月額2180円のUQモバイル「ぴったりプラン」×ASUS『ZenFone Go』のコスパを検証

機種代込みで月額2180円のUQモバイル「ぴったりプラン」×ASUS『ZenFone Go』のコスパを検証

@DIME アットダイム

■連載/一条真人の検証日記

 現在、格安スマホでMVNO各社は熾烈な戦いを繰り広げている。そんな中、UQモバイルは必要に応じて通信速度を制限することで低コストで運用できる「ぴったりプラン」を武器にその戦いに挑もうとしている。この「ぴったりプラン」というのは、ターボモード機能を搭載し、通信速度を高速モード、節約(低速)モードに切り替え、低速モード時の通信を容量無制限にするというもの。

 ちなみに、低速時の通信はダウンロード最大300kbpsを公称している。ダウンロード300Kbps程度のスピードが出れば、メールとかFacebook、Twitterのような現在、主流のSNSは実用的に使うことができる。つまりはSNS使い放題というわけだ。通常は低速モードで使い、アプリのダウンロードの時のようにスピードが必要なときは高速モードと使い分けることで低コストに通信ができる。

 そんなメリットがあるUQモバイルの「ぴったりプラン」だが、その弱点は選択できる端末の種類があまりないということだった。あまり一般ユーザーが馴染みのある端末が選択できなかったのだ。しかし、最近、ベストセラー端末の1つ、ASUSの『ZenFone Go』が選択できるようになった。ちなみに「ぴったりプラン」については以前の記事「“SNS使い放題”のUQ Mobile「ぴったりプラン」のコスパを検証してみた」でも紹介しているので、こちらを参考にしていただきたい。

 さて、この『ZenFone Go』だが、SIMフリースマホとして普通に販売されており、安い店では2万円を切るリーズナブルな価格で販売されている。そのため、「ぴったりプラン」の月額料金も安く、au以外のキヤリアからMNPで契約すると、最初の13か月間は月額2180円、14か月目以降は月額3180円とリーズナブルな価格で使うことができる。

 ちなみに、この「ぴったりプラン」で選べる富士通製の『ARROWS M03』では最初の13か月は2680円、14か月目以降は3680円になる。とはいえ、安いのはいいが、この端末がどれだけのポテンシャルを持っているのか?使い物になるのか?は多くの人が気になるところだろう。


実売2万円前後とは思えないクオリティーの『ZenFone Go』。

■外観

 まず、搭載するディスプレイは5.5インチで1280×720ドット。実用的には十分な解像度であり、比較的大画面なディスプレイが搭載されていて、使いやすい。ボディーデザイン自体は『ZenFone2 Laser』などと同系列なもので、背面にボリュームダイヤルを持ち、上部に電源スイッチがあるというスタイル。背面にボリュームボタンは指が届きやすくていいが、逆に電源ボタンが上部にあるのは指が届きにくいという感じ。まあ、これは側面に電源ボタンがある普通の端末になれているためで、この端末だけを使っていれば、慣れてくるので問題ないことだろう。

 ボディーの厚みは10.7mmと薄く、中央からサイドにかけてなだらかに薄くなっているので持ちやすい。重量は160gと5.5インチモデルとしては比較的軽量だ。背面のカラーリングはブルー、ホワイト、ブラック、ポップが選択でき、僕の借りてきたブルーはさわやかな印象を与えてくれる。


爽やかなボディーカラーのブル−。


背面中央部にあるボリュームボタン。


電源スイッチは上部に配置される。


『Nexus 6P』(左)と並べたところ。ボディーが比較的大きいのがわかる。


充電は普通のmicroUSB。

■カメラ

 カメラ機能はメインカメラが800万画素のF2.0と明るいレンズを搭載しており、暗い場所での撮影にも強い。インカメラは500万画素で、美人エフェクトも搭載しているのでセルフィーもいい感じに撮れる。カメラの動作もキビキビしていて軽快に写真が撮れるのがイイ。また、アイコン選択で、HDR、パノラマ、夜景、ローライとなど、便利そうな撮影モードが選択できる。

 弱点は暗い場所で強い光源があると逆光撮影でハレーションが出やすい印象があるところ。このあたりはコストが出てしまうところなので仕方ないかも知れない。普通の状況では普通に写真が撮れるいいカメラだ。


夜景も鮮やかに撮影できる。

■パフォーマンス

 Antutuのベンチマークでパフォーマンスを測定したところ、「26198」とあまり高くない数値だったが、実際の使用ではキビキビ動き、実用的にあまり問題は感じない。メモリが2GBなので多くのアプリを起動したまま使用するのは快適ではないかもしれないが、FacebookとTwitterとLINEみたいな使い方なら快適に使える。また、以前はこの端末では「ポケモンGO」が遊べないという話があったが、度重なるアップデートのおかげか普通に遊ぶことができた。低速モードでも普通に遊べる。


「ポケモンGO」もプレイできた。

■カタログスペックを超えた実通信速度

「ぴったりプラン」は「低速」モード通信時には最大300kbpsに通信速度を制限し、「高速」モード通信時には制限のない普通の4GLTEの通信速度で通信を行なうということになっている。このモード変更はアプリやウィジェットで行なうことができる。低速モード時の通信速度を計測してみたが、ときには500kbps程度などカタログスペックを超えるスピードで通信を行なっていた。僕の行動範囲の関係もあるので、必ずしもどんな人でもこんなスピードが出るかはわからないが、なかなか良心的なのではないか?そのおかげか、低速モードでの使用時もあまりストレスを感じることはなかった。

 
通信モードはアプリやウィジェットで切り替えることができる。


計測値530kbps。カタログスペックを超える通信速度を見せた。

『ZenFone Go』は、ASUSの端末らしく、低価格なのに総合的にあまり隙がない。気になるのはディスプレイの反射が強く、明るい戸外ではやや見にくいことだが、たいていのスマホは明るい戸外ではディスプレイ反射で使いにくいので許せる範囲かもしれない。その回線である「ぴったりプラン」は通信速度的にも低速時でもSNSなどはストレスなく使えて、低コストで通信できるのでコスパもいい。『ZenFone Go』で契約するUQモバイル「ぴったりプラン」はSNSをバリバリ使いたくて、しかもスマホと回線をリーズナブルなコストで使いたい人におすすめだ。

■関連情報
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Go-ZB551KL/
http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/pittari/

文/一条真人

ITジャーナリスト。雑誌「ハッカー」編集長、「PCプラスONE」編集長などを経て現在にいたる。著書50冊以上で、近著は「はじめてのChromeBook」(インプレスR&D)。IchijoMasahto。本名:OSAMU SAKATA。

■連載/一条真人の検証日記

関連記事(外部サイト)