アップルがMacOS「Sierra」の無料アップデートを開始

アップルがMacOS「Sierra」の無料アップデートを開始

@DIME アットダイム

Appleは、デスクトップオペレーティングシステムの最新メジャーリリースとなるmacOS 『Sierra』への無料アップデートを開始した。macOS『Sierra』にはSiriが搭載されるほか、iPhoneおよびiPadを使っている人に愛用されているインテリジェントかつ便利な機能と並んで、特にデスクトップ用として設計された、まったく新しい機能もMacで利用できるようになる。たとえばユニバーサルクリップボード、デスクトップと「書類」フォルダのファイルをiCloudに自動保存する機能、自動ロック解除、Apple Payのウェブ利用といった機能により、MacとほかのAppleデバイスの連係がさらに向上。また、写真アプリケーションには新機能の「メモリー」が追加され、お気に入りの写真やビデオのコレクションを自動的に作ること可能になった。

mac『OS Sierra』は、Mac App Storeを通じて無料アップデートとして提供。macOS Sierraは2009年後半(Late 2009)以降に発売されたすべてのMacモデルで動作する。一部の機能は、すべての国・地域・言語で利用できない場合もある。

Macで利用できるSiriは、メッセージやメールを送信したり、書類を見つけたり、情報を探したり、フォトライブラリを検索したり、システム環境設定を調節したりと、様々な作業を手伝ってくれる。Siriの検索結果はドラッグ&ドロップで書類に追加したり、後から参照できるように通知センターの「今日」にピンで貼り付けておくことも可能だ。

ユニバーサルクリップボードでは、あるAppleデバイス上のアプリケーションの内容をコピーして、別のAppleデバイス上の別のアプリケーションにペーストできる。デスクトップと「書類」フォルダのファイルをiCloudに自動で保存する機能では、iPhoneやiPadから、Macのデスクトップに置いたファイルにアクセスが可能。そして、自動ロック解除では、認証済みのApple Watchを身に付けている時は、Macに自動的にログインできるようになる。

Apple Payがウェブで利用できるようになるので、Safariを使ったショッピング体験がさらに便利で、安全なものになる。この機能に対応した約30万に上るショッピングサイト(1-800-Flowers、Gilt、Instacart、Lululemon、Warby Parkerなど)では、会計時にApple Payボタンをクリックすれば、後はiPhone 6以降またはApple WatchでTouch IDを通じて支払いを承認できる。この場合、利用者のクレジットカードやデビットカードの情報がオンラインショップに知らされることはなく、利用者のデバイスとApple Payサーバの間で行われる通信はすべて、強力な暗号化機能により保護されるので安心だ。

写真アプリケーションの新機能「メモリー」は、誕生会や家族旅行などのイベントを自動的にコレクションとして作成することにより、フォトライブラリ中のお気に入りの瞬間や、深く埋もれて忘れられたシーンを蘇らせてくれる。写真アプリケーションは、先進的なコンピュータビジョンを使って、写真に映る人々の顔、被写体、シーンを認識するので、写っている人や被写体から見たい写真を探すこともできる。まったく新しい「ブリリアンス」では暗い部分を明るくしたり、ハイライトを当て、写真全体をより明るく鮮やかな見栄えに加工することも可能だ。

mac『OS Sierra』には以下のような優れた新機能も用意されている。

・メッセージ
アプリケーション内でウェブリンクのプレビューやビデオクリップの再生、メッセージバブルに対してハートやサムズアップ(賛成や承認)などのTapbackを直接返信するなど、会話がより面白くなる。また、巨大な絵文字を使ってメッセージのインパクトを高めることができる。

・ウインドウのタブ機能
マルチウインドウに対応するMacアプリケーション全般(マップ、メール、Pages、Numbers、Keynote、テキストエディットをはじめ、サードパーティ製アプリケーションも含みます)で有効になる。

・ピクチャ・イン・ピクチャ
SafariやiTunesのビデオウインドウを、デスクトップ上に表示可能。このウインドウは、サイズを変更したり、ドラッグで移動したり、画面の任意のコーナーにピンで固定したりすることで、別の作業を続けながらビデオを観ることができる。

・最適化されたストレージ
Mac本体の空き領域に余裕がなくなってきた時に、あまり使わないファイルをクラウドに保管したり、使わなくなったアプリケーションやファイルを削除するように利用者に促すことで、本体ストレージの空き容量を増やす。

・iTunesの中にあるApple Music
新しいミュージックを発見したり、独占配信から最新リリースを閲覧することが、これまで以上に簡単になる。

製品情報

http://www.apple.com/jp/macos/sierra/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)