やってみたら意外と売れた!「ヤフオク」で稼ぐ5つのコツ

やってみたら意外と売れた!「ヤフオク」で稼ぐ5つのコツ

@DIME アットダイム

『ヤフオク!』もスマホ1台で可能に。そこで未経験者が『ヤフオク!』広報のアドバイスをもとに出品にチャレンジしてみた。難関は商品の説明文。落札多数の人のページを見ると、商品の状態をていねいに解説している……。そこで、テンプレートをPCで作成し、自分宛てにメール。これをメモ保存し、流用すれば、スマホからでも楽に出品できた!


サービス開始は、2010年2月。何度もバージョンアップを繰り返しており、使い勝手の良さはバツグン。初心者も感覚的な操作で、出品と落札、商品管理が可能。タブレット端末用のアプリもある。


計30個の不用品を出品。かかった時間は8時間。出品期間は5日間に設定して、売れた総額は、3万8620円。

〈Check!〉
稼ぎ度 ★★★★
リスク度 ★★★
手軽度 ★★

高値で売れる可能性もあれば、埋没する可能性も。ユーザー同士でお金のやりとりをするので、入金までにドキドキ。また、送料を調べるのが意外とメンドーかも。

◆ヤフオク!で稼ぐポイント5

【コツ1】話題性の高いものを出品する

これらすべての合計落札価格は2500円。ビジネス本は注目度が高く、定価の半額で売れた。偶然にも安藤忠雄氏の本が高値で落札されたのは、背景に新国立競技場問題があり、Amazonで品切れしていたから。商品説明に大きく名前を明記したことが勝因に。

 

【コツ2】検索率が上がる季節商品を狙って出す

ノーブランドものは全滅。右の子供用長靴(定価6000円)は4000円で落札された。『HUNTER』(英長靴ブランド)の人気色&サイズ&箱付きだったことと、1円スタートにしたことで注目された。

 

【コツ3】ニッチな趣味のアイテムこそ、高値がつく

父親がくれたフライフィッシングのマテリアルと本のセットが、まさかの1万2000円で落札に。素材をすべて明記したら、レア羽毛が多かったことで高騰。このお金で親子で飲みに行ったそう。

【コツ4】商品の美しさは落札額を左右。箱ごと撮影を

箱付きと箱なしでは、価格に雲泥の差が生まれる。結婚祝いにもらった『ル・クルーゼ』はホンモノを強調。説明書も撮影し1万円で落札。『ファイロファックス』の未使用手帳は5000円で落札された。

 

【コツ5】コレクター性の高いものを。切手、トレーディングカードは狙い目

未使用記念切手4321円分をセット売りしたら、4100円で落札に。入札数が多い人は、総額を明記していることに気がつき、20ページ分を2時間かけてカウント。引きがありそうな絵柄は接写してアップ。

 

関連記事(外部サイト)