こんなことまでできたの!?意外と知らないコンビニの便利なサービス活用術

こんなことまでできたの!?意外と知らないコンビニの便利なサービス活用術

@DIME アットダイム

バラエティー豊かな商品群に、かゆいところに手が届いたサービス。毎日訪れたくなるワンダーランド≠フ趣すらあるコンビニだが、まだまだ利便性の進化は続いている。ここでは、一見、味気ない雰囲気が漂うハコモノ≠スちの驚くべき機能を紹介する!

 コンビニの店内に、マルチコピー機や情報端末、ATMが登場してから、はや10年以上が過ぎた。ところが、地味な外見はあまり変わっていないが、その機能やコンテンツは驚くべき進化を遂げている。

 マルチコピー機は、インターネットと接続することで実現した「ネットプリントサービス」がウリ。ビジネスに役立つ機能も盛りだくさんだ。例えば、出張先で重要な書類を忘れた場合、従来ならホテルなどにFAXしてもらうことが多かったが、マルチコピー機を使ってオンライン上から、またはデータ端末からプリントアウトすれば、コンビニにて24時間いつでも書類が準備できる。重い書類は現地で準備、という身軽な出張も可能となるわけだ。

 そこでまずは、意外と知られていない、コンビニのビジネス活用について理解しておこう。大手コンビニにあるマルチコピー機は2種類あり、セブン−イレブンの富士ゼロックス製と、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのシャープ製だ。基本的な使い方に両者の違いはほとんどなく、タッチパネルの指示に従って操作するだけ。ただし、コンビニごとのオリジナルサービスもあり、次ページの基本的な内容については頭に入れておきたい。

【ビジネス】マルチコピー機

基本的なコピーやファクスに加え、インターネットとつながっていることで、様々な機能が利用できる。中でも、最もビジネスに役立つと思われる機能は、あらかじめネット上にアップロードした文書や画像などをプリントアウトする機能。いったんアップしておけば、全国のマルチコピー機でプリントすることができる。出張先で書類や文書が不足しても追加できるし、内容を修正する必要が生じた時には、修正したファイルをアップして入手できる。

【エンタメ&ライフ】情報端末

当初は、映画やイベントなどのチケットや、CDやDVDの販売がメイン機能だったが、最近では、クレジットカードの支払いやスポーツ振興くじ『toto』の購入、各種保険の加入などもできるようになった。ローソンとミニストップに設置されているのは「Loppi」で機能・サービスは共通。ファミリーマートにあるのは「Famiポート」。なお、セブン-イレブンには、単体の情報端末は設置されていないが、マルチコピー機が情報端末の機能を備えている。

【マネー&ポイント】ATM&カード

コンビニのATMは、セブン銀行やイオン銀行の設立で種類が増えた。使うキャッシュカードによって手数料が変わるので、手数料無料か、なるべく割安なATMを覚えておきたい。全体的にコンビニATMの手数料は有料化される傾向にあるが、最近のイオン銀行の例のように、メガバンクのキャッシュカードの利用について無料化したケースもある。また、各コンビニのポイントサービスは、ポイントが貯まりやすい電子マネーとの相性で選ぶことが基本。

《ビジネス》マルチコピー機を使えば出張先でも書類や文書を24時間プリントできる!

マルチコピー機のプリントサービスを利用する方法は大きくわけて2つある。クラウド上に事前登録しておけば、端末を持ち歩かなくても利用できるのだ。

◎オリジナルサービスも使える!

■法令書式の作成(その場でもOK)

示談書や身元保証書に加え、契約書、内容証明など日本法令の「法令書式」を作成、プリントできる。書式の種類は全部で87種類。プリント予約番号を控えておけば、すぐに出力できて便利。1書式200円。

■地図のプリントアウト(その場でもOK)

国内最大手の地図情報会社ゼンリンの住宅地図がプリント可能。同社のサイトで住所・駅名検索をし、エリアを選択できる。マルチコピー機を直接操作してのプリントも可能。上はセブン-イレブンのサンプル。1枚300円。

■オリジナル名刺の作成

ローソンとファミマのマルチコピー機で利用できる「BiziCard」アプリを使えば、登録されているテンプレート画面から、オリジナルの名刺を作成できる。手持ちの写真を使って、写真入り名刺を作ることも可能。1シート400円。

■証明写真のプリントアウト

「コンビニ証明写真」のサイトから写真をアップロードすれば、証明写真をプリントできる。スマホで撮影した画像でも作成可能。証明写真3枚で200円。セブンは「ケータイプリン」のサイトから。

■履歴書の作成

「しごとナビ」のサイトにログインし、会員登録をする。履歴書のフォーマットを選択して、必要事項を入力、完成したらマルチコピー機を操作してプリントアウト。1枚100円。上はローソンとファミリーマートのサンプル。

【エンタメ&ライフ】情報端末を使えばチケットやオリジナルグッズなどが入手できる!

情報端末のサービスは、映画やコンサート、イベントのチケットの発券だけではない。店内ですぐに使える割引券や各種保険の加入など、新しい機能が続々と追加されている。

 コンビニでのチケット購入が一般化したことで、各チェーンはチケット販売に独自の付加価値を加え始めている。

 例えば、セブンーイレブンは、プロ野球の球場に専用シートを確保。4人がけのファミリーシートなどを用意している。ローソンは、DVDの予約や映画の前売り券の購入に対して、頻繁に特典や限定グッズを提供する。

 チケット以外のサービスも強化中だ。店内での買い物にすぐに使える割引券の提供や、最近、人気の「自転車向け保険」にその場で加入できるサービスもある。やり方はタッチパネルの指示に従うだけでごく簡単。要チェック!

◎マルチ情報端末はここまでアクセスできる!

[チケット]地元密着型イベントも網羅

セブン-イレブンが取り扱うチケットは、花火大会など地元ならではのイベントのチケットが充実している。また、プロ野球6球団の球場でセブン-イレブンでしか購入できない専用席もある。

専用席は工夫が凝らされ、ファミリー向けの4人掛けや、寝そべりながら観戦できるシートがある。

[限定グッズ]DVDやCDの予約でレアアイテムがもらえる

ローソンはチケットや商品の購入に、様々な限定グッズや特典を提供している。品数やバリエーションの多さは、他の追随を許さないほど。限定グッズ目当ての購入も多し。

[割引券]店内ですぐに使えるお得チケット

Loppiで受け取れる「お試し引換券」などがある。例えば、173円の紅茶をPontaポイント50Pで交換できるといったように、1P=1円換算よりも少ないポイント数で、商品と交換できるというサービス。交換できる商品は日替わりで、缶ビールが対象となることもある。

[電子マネー]残高照会や受け取りも可能

情報端末で電子マネーの受け取りができるのがFamiポート。楽天Edyは、残高照会のほかにEdyギフトサービス(左記参照)を利用することも可能。WAONの残高照会もできる。

Edyギフトとは、楽天Edyで行なわれている各種の特典キャンペーンで、商品としてプレゼントされるEdyを受け取れるサービス。

[保険]自転車保険にその場で加入できる

セブン-イレブンのマルチコピー機では、必要事項を入力するだけで、簡単に自転車向け保険に加入することができる(取扱保険会社:三井住友海上火災保険)。コンビニでは唯一のサービスだ。また、原付および車検不要の排気量250cc以下の二輪自動車を対象としたバイク自賠責保険にも加入可能。

[住民票]住基カードがあれば24時間OK

すべてのマルチコピー機で、住民票の写しや印鑑登録証明書がプリントできる。この行政サービスは、すべての市町区村が実施しているわけではないが、年々利用できる市町区村は増加。

マルチコピー機のリーダーに住基カードをかざし、本人認証すれば24時間プリントOKだ。

【マネー&ポイント】カードとATMを賢く使えばポイントや手数料がお得になる!

近くて便利な<Rンビニは、マネーサービスの拠点にもなりつつある。最近は独自のポイントサービスを展開するチェーンもある。行きつけのコンビニがどのようなサービスを実施しているかを把握しておけば、消費税アップによる出費増分ぐらいは取り戻せそうだ。

 食料や生活用品などの消費が増えるにつれ、コンビニが顧客の囲い込み≠フ動きを見せている。それがポイントサービス。各店とも100円につき1ポイントを基本としつつ、一部商品で数十ポイント単位のポイントバックも実施している。3月からPontaが一部カードのクレジット払いで、100円(税抜き)につき2ポイントの還元も実施。サークルKサンクスは10月から楽天スーパーポイントとの提携を始める予定、業界を超えた再編も期待できそうだ。また、コンビニで銀行預金の引き出しをする人が増えているが、ATMごとに手数料の差もある。無駄な出費を避けるためにも、お得に使えるATMを把握しておきたい。

■セブン−イレブン

[ポイントサービス]マルチコピー機の支払いでも貯まる!
『nanaco』

電子マネーのnanacoを支払いに使うと、100円(税抜き)につき1ポイント(=1円)のnanacoポイントが貯まる。マルチコピー機の支払いに使える電子マネーはnanacoだけ。

[銀行ATM]土・日・祝日も引出手数料無料!
セブン銀行ATM

メガバンクの平日時間内利用の手数料は108円、時間外は216円。セブン銀行に口座があれば、7〜19時は、平日はもちろん土・日・祝日も引出手数料は無料。19〜翌7時は108円必要。

■ローソン

[ポイントサービス]100円で2P貯まるカード登場!
『JMBローソンPontaカードVISA』

共通ポイントPontaは100円(税抜)で1ポイント(=1円)貯まる。『JMBローソンPontaカードVisa』『ローソンPontaカードVisa』のクレジット払いは100円で2ポイント。

[銀行ATM]ゆうちょ銀行のキャッシングも可能!
ローソンATM

メガバンクの平日時間内利用の手数料は108円、時間外は216円。ゆうちょ銀行のキャッシュカードは、引き出し・預け入れだけではなくキャッシングも可能(未対応のATMあり)。

■ファミリーマート

[ポイントサービス]1枚でポイント二重取りも!
『ファミマTカード』

共通ポイントTポイントが100円(税込み)で1ポイント(=1円)貯まる。クレジット支払いは、さらに200円につき1ポイントを加算。税込み金額なので効率よく貯められる。

[銀行ATM]三井住友銀行の引き出しは無料!
@BANK ATM

三井住友銀行なら、平日時間内利用の手数料は無料で、時間外は108円。土・日・祝日は終日108円。三井住友以外のメガバンクは、平日時間内利用の手数料は108円、時間外は216円かかる。

■サークルKサンクス

[ポイントサービス]新ポイントサービスがスタート!
『カルポイント』

会員サービス「カルワザクラブ」登録の電子マネー100円(税抜き)ごとに1ポイント(=1円)が貯まる。今年10月から楽天スーパーポイントがお得に貯まる新サービスも。

[銀行ATM]りそなグループは土・日・祝日も無料!
バンクタイム ATM

メガバンクの平日時間内利用の手数料は108円、時間外は216円。りそな銀行、近畿大阪銀行、埼玉りそな銀行なら、土・日・祝日を含め、ほぼ終日引き出し無料(利用休止の時間帯あり)。

■ミニストップ

[ポイントサービス]チャージポイントにも注目!
『イオンカードセレクト』

電子マネーWAONは200円(税込み)ごとに1ポイント(=1円)のWAON ポイントが貯まる。さらに『イオンカードセレクト』でのチャージなら、1000円ごとに5ポイントが付く。

[銀行ATM]メガバンクの手数料が無料!
イオン銀行 ATM

三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は、平日時間内利用の手数料が無料となる。三井住友銀行の平日時間内利用手数料は108円。イオン銀行なら、24時間365日、手数料は無料。

※銀行ATM内の表記「時間内」は「8時45分〜18時」、「時間外」は「18時〜翌8時45分」の時間帯。手数料はすべて引き出し分。また、ファミリーマート、サークルKサンクスの一部店舗には、別のATM設置の場合もあるので要注意。

◎各種データは取材時のものです。変更されている場合があります。

関連記事(外部サイト)