ソフトバンクが『スター・ウォーズ』の世界観を再現したスマートフォン『STAR WARS mobile』を発売

ソフトバンクが『スター・ウォーズ』の世界観を再現したスマートフォン『STAR WARS mobile』を発売

@DIME アットダイム

ソフトバンクは映画『スター・ウォーズ』シリーズの世界観を表現したスマートフォン『STAR WARS mobile』(シャープ製)を12月上旬以降に発売すると発表した。『スター・ウォーズ』の世界観やキャラクターなどの要素を、搭載コンテンツだけでなく外観にも表現したSoftBank限定のスマートフォンとなる。

世界的人気を誇る映画『スター・ウォーズ』の世界観を、壁紙やアプリケーションなどのコンテンツだけでなく、外観にも表現したスマートフォンの途上だ。ホーム画面のライブ壁紙は、『スター・ウォーズ』シリーズの象徴的なシーンを劇中に登場する乗り物「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピットに座っているかのような視点で、体感することができる。また、「時計」や「天気」「カレンダー」といったホームアプリがそれぞれコックピットからの視点で使用が可能だ。

さらに、メールや電話といった基本アプリケーションのアイコンやホームボタンなどにも『スター・ウォーズ』のデザインを採用。「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」をはじめとする、おなじみの音楽や効果音が操作中に鳴るようになっている。そのほかにも、人気キャラクターの壁紙や、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が再生できる映像プレーヤーなど、『スター・ウォーズ』の世界観が凝縮されている。

本体カラーには、『スター・ウォーズ」シリーズで象徴的に描かれているDark SideとLight Sideを表現した2色のカラーバリエーションを用意。背面には見る角度によって色が変わる偏光パネルを採用し、『スター・ウォーズ』のロゴと、映画に登場する帝国軍と反乱軍それぞれのシンボルをプリントした。さらに、個装箱にもそれぞれの世界観を表現したデザインを採用することで、選ぶカラーバリエーションで全く違った世界観を体験できるのだ。

そして他では入手できない限定の「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルver.」を含む、12月16日公開予定の映画最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクターと乗り物のフィギュアを5種類同梱。それぞれオリジナルのパッケージで包装されている。

主な仕様として本体サイズは約幅73×高さ149×厚さ7.6mm、約155g。OSはAndroid 6.0 Marshmallow。CPUはクアッドコア(2.2GHz×2 + 1.6GHz×2)/MSM8996。ディスプレーは約5.3インチ フルHD(1920×1080ドット)、IGZO液晶(最大1677万色)。メインカメラは有効画素数約2260万画素/CMOS、サブカメラは有効画素数約500万画素/CMOS。ROM:32GB、RAM:3GB。電池容量は3000mAh。カラーバリエーションはダークサイド エディション、ライトサイド エディション。

関連情報

http://www.softbank.jp/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)