BASELWORLD 2017 - ウブロの哲学と技術は健在、サファイアと2軸トゥールビヨンに注目

BASELWORLD 2017 - ウブロの哲学と技術は健在、サファイアと2軸トゥールビヨンに注目

画像提供:マイナビニュース

●ビッグ・バン ウニコ ブルーサファイア/レッドサファイア
スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ウブロは今年もハイ・インパクトな新製品を多数発表。その中から編集部が選んだ3本をご紹介する。サイズ、厚み、派手さともにフルボリュームなウブロの圧倒的存在感は、今年も健在だ(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて税別)。

○ビッグ・バン ウニコ ブルーサファイア/レッドサファイア

10年前、ウブロは「オールブラック」コレクションを発表。光を吸収するブラックにより、「時計は見えるのに、時を告げる部分は見えない」という、当時としてはまったく新しい先進的なコンセプト「見えない 可視性(Invisible visibility)」を提案した。

そして2016年、今度は透明なサファイアガラスのケースを持つ「ビッグ・バン ウニコ サファイア」を発表。「時計は見えないのに、時を告げる部分は見える」という、オールブラックコレクションと対をなす「見える不可視性(Visible invisibility)」を提示してみせた。これらは、ウブロの斬新な視点や反骨精神、ファッション性といったブランド哲学を象徴するかのようなエピソードだ。

「ビッグ・バン ウニコ サファイア」(アクトI)は、2017年、アクトIIへと進化を遂げた。透明なサファイアクリスタルケースが、アクトIIではカラーサファイアのケースになったのだ。

……と書くと、「何だ、それだけか」と思われるかもしれない。が、それは実に難易度の高い技術だという。サファイアの溶融は結晶化の過程が不安定で、同時に製造しても色が均一なサファイアを作ることは困難。さらに、気泡や亀裂が生じやすく、ビッグ・バンのケースに使えるようなサイズのカラーサファイア製造はほぼ不可能と思われていた。

ウブロはこれらの限界を打破。サファイアの原材料である 酸化アルミニウム(Al2O3)に遷移金属のクロミウム(Cr)を加え、2,000℃〜2,050℃で熱することで、高耐傷性、完全な透明性、存在する最も硬質な物質の1つ、という素材本来の特性をすべて保ったままのカラーサファイアを実現したのだ。カラーバリエーションは、ブルーとレッドの2色で展開。各色とも、針とインデックスはケース色に合わせている。

ムーブメントは、自社生産の自動巻(フライバック機能クロノグラフ)で、パワーリザーブは72時間。ケースサイズは45mmで、風防は両面無反射コーティングのサファイアクリスタル。防水性能は5気圧。ストラップは、ブルーケースモデルにはブルースケルトンラバー、レッドケースモデルにはブラックスケルトンラバーがセットされる。価格は、ブルーケースモデルが892万円、レッドケースモデルが780万円で、各色とも世界限定250本。7月発売予定。

●ビッグ・バン ウニコ GMT チタニウム/カーボン
○ビッグ・バン ウニコ GMT チタニウム/カーボン

ビッグ・バン ウニコに、操作性と視認性を重視したGMTモデルが登場。ローカルタイムを通常のダイヤルで表し、ホームタイムはアロー針で表現。ホームタイムの昼夜は、アロー針が中央の昼/夜ディスクのどちらにあるかで即座にわかる。

ローカルタイムの時針は、2時位置のプッシャーを1回押すと1時間進み、4時位置のプッシャーを1回押すと1時間戻る。なお、安全機構があり、2つのプッシャーを同時に押すことはできない。このプッシャーによるGMT設定機構のおかげで、タイムゾーンをまたいで移動する際、時刻設定で分針や秒針をまったく気にせずに済む。

ムーブメントは自社開発の自動巻で、パワーリザーブは72時間。ケースはサイズが45mm、素材はチタニウムとカーボンの2モデルをラインナップ。風防は両面無反射コーティングのサファイアクリスタル。防水性能は10気圧。ストラップはブルー×ブラックラバー。ワンクリック機能により、簡単にストラップ交換が行える。

価格はチタニウムケースモデルが210万円、カーボンケースモデルが244万円。9月発売予定。

●特徴的な2軸のトゥールビヨン
○P-09 トゥールビヨン バイ-アクシス 5デイズ パワーリザーブ チタニウム/キングゴールド

「MP-09トゥールビヨン バイ-アクシス」は、約5日間のパワーリザーブ機能を備えた手巻きムーブメントを搭載。トゥールビヨンは特徴的な2軸で、1つ目の軸は1分間に1回転、2つ目の軸は30秒間に1回転する。そのユニークな動きは、ケース下部の3面のサファイアクリスタルで構成された立体的な窓から確認、堪能できる。この2軸のトゥールビヨンは、ウブロいわく「通常のトゥールビヨンの場合よりも、はるかに繊細な方法で重力の影響を解消しようとする」という。

日付修正機能もまた独創的だ。ケース左側のレバーを操作することで日付を調整可能。ケース表記の通り、レバーを上に動かすと1日進み、下に動かすと1日戻る。日付表示はダイヤル上にすべての日にちのマスが並び、当該箇所の窓に色が着くというダイナミックなスタイル。9時位置のゲージは5日間のパワーリザーブ表示。

ケース径は49mmで、素材はチタンとキングゴールドの2種類。風防は両面無反射コーティングのサファイアクリスタル。防水性能は3気圧。ストラップはブラックラバー。価格は、チタンケースモデルが1,783万円で世界限定50本、キングゴールドモデルが2,228万円で世界限定20本。9月発売予定。

●それでも僕らは腕時計をしたい
○それでも僕らは腕時計をしたい

後半は、司会者からの質問に奥山氏が回答していった。時計をデザインすることについての思い入れを聞かれると、「今日、私たちの生活環境にはたくさんの時計が存在する。それらを通じて、いつでも極めて正確な時刻が分かる。それでも僕らは腕時計をしたい。その欲求は、単なる必要性を超えたところにある。時計の精度を究極にまで高めることにはロマンも感じる。時計は人の命を超えた存在で、機械式の時計は何百年とこの世に残る。そんな製品のデザインに携われたのが嬉しい」(奥山氏)と笑顔を見せた。

これまで、ISSEY MIYAKE WATCHは、世界で活躍するプロダクトデザイナーとコラボレーションを行ってきた。デザインコンセプトは「シンプルで斬新、かつ永く愛されるデザイン」。アナログウオッチであり、日本製であること、時計のみならずパッケージもデザインして世界観を表現することなどが求められている。

まず日本製にこだわることについて聞くと、奥山氏は「日本のモノづくりの素晴らしさには、日本人がいちばん気付いていないのかも知れない。私はイタリアに12年も住んでいたが、帰国したとき、日本にはイタリア以上にデザインの活きるプロダクトやフィールドがあると感じた。これを日本人が語らないのはもったいない」とする。

シンプルで斬新、かつ永く愛されるデザインについては、「噛んでいるうちに甘さがなくなり、味が戻ってこないチューインガム製品にはしたくなかった。ISSEY MIYAKE WATCHコレクションの他の時計に比べると、GTは形状的にはシンプルだが、モダンも秘められている。ISSEY MIYAKEというブランドについて考え、その中で僕らのアイデンティティのあり方を考えた結果、このデザインになった」(奥山氏)と述べている。

最後に「GTは、ISSEY MIYAKE WATCHの新しいステージになった。これを世界に展開していきたい。購入されたお客さまは、ぜひ、海外旅行の際に腕につけて、世界中の方々に見せていただけたら」(奥山氏)と会場の笑いを誘い、締めくくった。
(青木淳一)

関連記事(外部サイト)