日立、業界最大12kgの洗濯容量を実現した縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」

日立、業界最大12kgの洗濯容量を実現した縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」

画像提供:マイナビニュース

日立アプライアンスは5月23日、業界最大(同社調べ)となる洗濯容量12kgを実現した縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」(BW-DX120B)を発表した。本体カラーはシャンパン(N)とホワイト(W)の2色を用意。発売は6月17日で価格はオープン、推定市場価格は250,000円(税別)前後となる。

BW-DX120Bは、洗濯容量を12kgに拡大するのと同時に、洗濯〜乾燥容量を6kg、「毛布」コースの洗濯容量も6kg(洗濯〜乾燥容量3.6kg)に拡大。1枚1.5kg以下程度の薄手のシングル毛布なら4枚、1枚1kg以下のタオルケットなら6枚、1枚0.4kg以下のレースのカーテンなら14枚など、大物がまとめて洗濯できる。家族の人数が多くて洗濯物の多い家庭や、共働きなどで週末のまとめ洗いが多い家庭などで重宝しそうだ。

ビートウォッシュは従来モデルから、洗濯物に大流量シャワーを当てて、汚れを落とす「ナイアガラシャワー」機能と、高濃度洗剤液を素早く浸透させて、押してたたいてもみ洗う「ビートウィング X」機能を組み合わせた、「ナイアガラ ビート洗浄」機能を備える。

今回このナイアガラ ビート洗浄に、洗剤の種類や洗濯物の汚れの量をセンシングして、洗い方やすすぎ回数などを自動調整する「洗剤・汚れセンサーシステム」を新たに採用。洗濯水に溶け出す汚れの量をセンサーで調べ、汚れが多いと洗い時間を最大10分、自動延長する。これにより、粉末や液体などの洗剤の種類や、衣類の汚れ具合に関わらず、汚れをしっかり落とせるという。

また、ナイアガラ ビート洗浄に温水ミストを加えて洗う「温水ナイアガラ ビート洗浄」は、従来の黄ばみ除去だけでなく、ニオイの原因菌の除去にも有効と判明し、本年モデルから訴求に加えている。

このほか、毛布などがより衛生的に洗濯できる「ダニ対策」コースを採用した。洗濯容量3kg以下、運転時間160分で、洗濯時に温水ミスト機能を利用し、毛布に加熱してダニ対策に効果的な50℃以上の状態を20分以上持続させる。繊維に潜むダニが加熱されて活動力の弱まったところで、すすぎによってダニのふんや死骸といった物質ごと洗い流す。

BW-DX120Bの本体サイズはW650×D645×H1,060mm、本体幅は610mm、重量は約65kg、標準コースの洗濯目安時間は洗濯が44分、洗濯〜乾燥が約170分。消費電力は洗濯が99Wh、洗濯〜乾燥が約1,890Wh。標準使用水量は洗濯が125L、洗濯〜乾燥が約140L。

同時に、縦型洗濯乾燥機3機種、全自動洗濯機4機種の計8機種が発売となる。洗濯容量は4.5kg〜10kg、推定市場価格(税別)は110,000円前後〜210,000円前後。
(諸山泰三)

関連記事(外部サイト)