Google アシスタントの日本語版、Androidスマートフォンで利用可能に

Googleアシスタントの日本語版、Androidスマートフォンで利用可能に 人工知能を搭載

記事まとめ

  • GoogleはAndroidスマートフォン向けに、日本語版「Google アシスタント」の提供を開始
  • Google アシスタントは、機械学習や人工知能を搭載した対話型アシスタント
  • Google フォト、Google Play Music、YouTubeなどGoogleの他アプリとも連携している

Google アシスタントの日本語版、Androidスマートフォンで利用可能に

Google アシスタントの日本語版、Androidスマートフォンで利用可能に

画像提供:マイナビニュース

Googleは5月29日、Androidスマートフォン向けに、日本語版「Google アシスタント」の提供を開始した。対応端末は、Android 7.0またはAndroid 6.0を搭載し、Google Playストアを利用できるすべてのAndroidスマートフォン。今後数週間のうちに順次提供を拡大していくという。

Google アシスタントは、機械学習や人工知能を搭載した対話型アシスタント。調べものやスケジュールの登録などを、端末に話しかけることで行える。なお、Googleが培ってきた自然言語処理技術により、まるで人と話しているような感覚で使えるようになっているという。

メッセージの送信、リマインダーの設定、メールの確認なども可能。名前や好きな食べ物といった、ユーザーの情報を覚えさせることもできる。目的地への行き方や、車と電車のどちらを使ったほうが早く到着するかなども、話しかけるだけで調べてくれる。

Googleの他アプリとも連携。たとえば「北海道で撮った夕陽の写真を見せて」と話しかけると、Google フォトに保存している写真から見つけ出す。このほか、「Google Play Musicでドライブにぴったりの曲をかけて」「YouTubeで可愛い猫の動画を見せて」などの操作にも対応する。

これまでは、メッセージアプリ「Google Allo」で一部機能を利用できたが、Androidスマートフォンに提供されることで、より多くの人が使えるようになった。Androidスマートフォンでは、ホームボタンを長押しするか、ユーザーが「OK,Google」と声をかけるとGoogle アシスタントが起動する。

関連記事(外部サイト)