KDDIから「Xperia XZs」、960fpsのスーパースローモーション撮影に対応

KDDIから「Xperia XZs」、960fpsのスーパースローモーション撮影に対応

画像提供:マイナビニュース

KDDI、沖縄セルラーは5月30日、2017年夏モデルの発表会にて、ソニーモバイル製のAndroidスマートフォン「Xperia XZs」を改めて披露した。端末の詳細は、別記事の『KDDI、新カメラシステム「Motion Eye」搭載の「Xperia XZs」を26日に発売』などを参照いただきたい。

Xperia XZsは、人間の目では追えないほどの一瞬の動きも高精度で捉えて撮影できるカメラシステム「Motion Eye」を搭載。従来比で約5倍の高速データ読み出しを実現しており、フレームレート値960fpsのスーパースローモーション撮影や先読み撮影が可能となっている。

ウォークマンで培った高音質技術を多数採用しており、ハイレゾ音源の再生に対応。周囲の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能も備える。また、バッテリーの劣化を防ぐ技術「いたわり充電」を採用。省電力設定の「STAMINA」機能も進化しており、ユーザーの習慣を学習し、バッテリー切れの時間を予測して通知する。さらに、普段よりも早いペースでバッテリーを消費している場合に通知する機能も備えた。

au公式アクセサリー「au +1 collection」からは、高純度メタル素材「ALKALEIDO」の端末デザインにマッチするカバーケースや、定番アイテムの保護フィルムやガラスなどのアクセサリーを順次発売する。

このほか、6月30日までに製品を購入したユーザーには、定額制音楽配信サービス「うたパス(税込月額324円)」が1年間利用可能となる年間パスポートのプレゼントキャンペーンも実施中だ。Xperia XZsの主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.1
CPU: クアッドコア/2.2GHz×2+1.6GHz×2
内蔵メモリ: 4GB
ストレージ: 32GB
外部ストレージ:microSDXC / microSDHC /microSD (最大256GB)
サイズ: W72×H146×D8.1mm
重量: 約161g
ディスプレイ: 約5.2インチ トリルミナスディスプレイ (1,920×1,080ピクセル)
メインカメラ: 約1,920万画素
インカメラ: 約1,320万画素
バッテリー容量: 2,900mAh
連続待受時間: 約630時間(4G LTE/WiMAX 2+)
Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.2
防水: IPX5/8
防塵: IP6X
接続端子: USB Type-C
カラーバリエーション: ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラス
(諸山泰三)

関連記事(外部サイト)