KDDIが「HTC U11」を取り扱い、握って操作するフラッグシップ

KDDIが「HTC U11」を取り扱い、握って操作するフラッグシップ

画像提供:マイナビニュース

KDDI、沖縄セルラーは5月30日、HTC製のAndroidスマートフォン「HTC U11」を発表した。発売は6月下旬以降の予定だ。

HTC U11は、側面下部を握って操作する独自UI「Edge Sense(エッジ・センス)」を搭載したフラッグシップスマートフォン。長く握る場合と短く握る場合で、異なるアクションを割り当てられる。

3.5mmイヤホンジャックを廃止しており、HTCオリジナルのUSB Type-C対応ハイレゾイヤホン「U sonic」とUSB Type-C to 3.5mmアダプタを同梱する。

Google アシスタントや、独自AI「センス・コンパニオン」を搭載。センス・コンパニオンは、ユーザーの行動パターンを学習し、日々の行動やスケジュールを予測。移動先の情報や天気予報を基にしたアドバイスを通知する。また、AIを活用した「Boost+」により、バッテリー消費も自動で最適化する。

HTC U11の詳細は、別記事『キーマンが語る「HTC U11」- あらゆるエンタメを高品質で楽しめる、革新のスマホ』などを参照いただきたい。

このほか、HTC U11向けのモバイルVRヘッドセット「LINK」も取り扱う。モバイルVRでありながら、約3×3mの仮想空間に身体ごと入ったような感覚が味わえるという。発売は7月下旬以降で、価格は未定。

HTC U11の主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.1
CPU: オクタコア/2.36〜2.45GHz×4+1.9GHz×4
内蔵メモリ: 4GB
ストレージ: 64GB
外部ストレージ:microSDXC / microSDHC / microSD (最大256GB)
ディスプレイ: 約5.5インチ Super LCD5(2,560×1,440ピクセル)
メインカメラ: 約1,200万画素
インカメラ: 約1,600万画素
バッテリー容量: 3,000mAh
Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.2
NFC: ○
Felica: ○
防水: IPX7
防塵: IP6X
接続端子: USB Type-C
カラー: サファイア ブルー、ブリリアント ブラック
(諸山泰三)

関連記事(外部サイト)