KDDIも「AQUOS R」を発売 - "振り向く充電台"を同梱、au限定色も

KDDIも「AQUOS R」を発売 - "振り向く充電台"を同梱、au限定色も

画像提供:マイナビニュース

KDDI、沖縄セルラーは5月30日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS R SHV39」を発表した。発売は7月上旬以降。8月上旬には、ジュエリーブランドとコラボしたau限定のライトゴールドモデルを、100台限定で販売する予定だ。

AQUOS Rは、ディスプレイにハイスピードIGZOを採用したシャープのフラッグシップスマートフォン。ハイスピードIGZOは、高精細化と低消費電力に優れた技術で、120Hz駆動により残像の少ないなめらかな映像を映し出す。今モデルでは、解像度をFHDからWQHD(2,560×1,440ドット)に引き上げている。

HDRに対応し、HDR10に準拠したHDRコンテンツを視聴可能。さらに、標準画質の動画コンテンツや自分で撮影した映像をアップコンバートし、HDRの臨場感で楽しめる。

カメラの性能も大きく向上している。メインカメラは2,260万画素で、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正のW手ブレ補正を搭載。広角90度対応のレンズにより、被写体を大きく、背景も収まるように写せる。インカメラは従来機種の約500万画素から約1,630万画素にアップグレードした。

振り向く充電台(クレードル)の「ROBOQUL(ロボクル)」を同梱。ROBOQULは、電話やアラームが鳴ったとき、LINE受信時、不在着信通知時、天気やニュースなどの情報が更新されたときなどにユーザーに話しかけてくる人工知能「エモパー」を活用。ROBOQULにAQUOS Rをセットしておくと、インカメラでユーザーを探して自動で回転し、全画面表示+音声で通知する。AQOUS Rの主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.1
CPU: オクタコア/2.2GHz×4+1.9GHz×4
内蔵メモリ: 4GB
ストレージ: 64GB
外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)
ディスプレイ: 約5.3インチ ハイスピードIGZO(2,560×1,440ピクセル)
メインカメラ: 約2,260万画素
インカメラ: 約1,630万画素
バッテリー容量: 3,160mAh
最大通信速度: 受信時590Mbps / 送信時50Mbps
Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
NFC: ○
Felica: ○
防水: IPX5/8
防塵: IP6X
接続端子: USB Type-C
カラー: マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ライトゴールド
(諸山泰三)

関連記事(外部サイト)