ファーウェイ、音にこだわる10.1型Androidタブ・HUAWEI MediaPad M3 Lite10

ファーウェイ、音にこだわる10.1型Androidタブ・HUAWEI MediaPad M3 Lite10

画像提供:マイナビニュース

ファーウェイ・ジャパンは30日、タブレット「MediaPad」シリーズより、「HUAWEI MediaPad M3 Lite10」2モデルを、発表した。6月9日より発売する。店頭予想価格(税別)は、Wi-Fiモデルが29,800円、LTEモデルが35,800円。

ハーマン・カードンがサウンドチューニングを施すタブレット「M」シリーズの新モデル。クアッドスピーカーの導入と、独自のサラウンド技術「SWS 3.0(Super Wide Sound)」との相乗効果により、深みのある音を創出するとしている。

約10.1型のIPS液晶を使用し、解像度は1,920×1,200ドット。リアパネルは曲面で構成され、持ちやすさにも配慮している。ソフト面ではMicrosoft Office Mobileを標準で搭載。各種ドキュメントの閲覧 / 簡易編集が可能になっている。「AbemaTV」や音楽ストリーミングサービス「AWA」もプリインストール済み。

5月30日から、ファーウェイ・オンラインストア限定で先行予約を開始し、予約者の先着100名に「AKG」のイヤホンがプレゼントされる。

HUAWEI MediaPad M3 Lite10の主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.0
サイズ: 約248×7.1×173mm
重量: 約460g
CPU: Qualcomm MSM8940 オクタコア(1.4GHz×4基+1.1GHz×4基)
メモリ: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 約10.1インチ、IPS
解像度: 1,920×1,200ドット
バッテリー容量: 6,600mAh
メインカメラ: 800万画素
インカメラ: 800万画素
FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20
TDD- LTE: B38/B40/B41
W-CDMA: B1/B2/B5/B6/B8/B19
GSM: B2/B3/B5/B8
最大通信速度(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
SIMカード: nano SIM
Wi-Fi: IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth: 4.1
センサー: 指紋認証、加速度、照度、電子コンパス、ジャイロ
カラー: スペースグレイ
(リアクション)

関連記事(外部サイト)