「YouTube Kids」がスタート、保護者も安心できる子供向けYouTubeアプリ

Googleが「YouTube Kids」提供開始、保護者も安心できる子供向けYouTubeアプリ

記事まとめ

  • Googleは5月31日、子ども向けYouTubeアプリ「YouTube Kids」の提供を開始した
  • コンテンツは『妖怪ウォッチ』『ひつじのショーン』のアニメや英語を学ぶ動画など
  • 子どもの動画視聴時間を管理できる「タイマー」機能など保護者向けの管理機能も用意

「YouTube Kids」がスタート、保護者も安心できる子供向けYouTubeアプリ

「YouTube Kids」がスタート、保護者も安心できる子供向けYouTubeアプリ

画像提供:マイナビニュース

Googleは5月31日、子ども向けYouTubeアプリ「YouTube Kids」の提供を開始した。米国で2015年にサービスを開始して以来、世界28カ国・7言語で展開してきたが、このたび日本でも使えるようになった。YouTube Kidsのアプリは、Google PlayやApp Storeにて無料でダウンロードできる。

YouTube Kidsは、使いやすさや見やすさを考慮して開発された子ども向けのYouTubeアプリだ。ホーム画面には「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」といった4つのカテゴリを用意しており、各カテゴリからコンテンツを選んで視聴できる。

コンテンツは『妖怪ウォッチ』『ひつじのショーン』といったアニメや、童謡の動画、英語を学ぶ動画、本の読み聞かせ動画など、幅広くそろえる。また、設定画面で「未就学児向け」「学齢児童向け」「すべてのお子様向け」の3つから子どもの年齢に合ったものを選ぶと、適したコンテンツを表示するようになる。

保護者向けの管理機能も多数用意。子どもの動画視聴時間を管理できる「タイマー」機能では、設定した時間になるとアラートが表示され、アプリが停止する。

「検索設定」では、子どもたちが検索できるコンテンツの範囲を設定可能。検索設定をオフにするとコンテンツを検索できなくなるが、ホーム画面の動画や、視聴体験に基づいてレコメンドされる「おすすめの動画」は視聴できる。

「カスタムパスコード」も設定可能。任意のパスコードを登録することで、保護者による使用制限機能や各種設定において、子どものアクセスを制限できる。

YouTube Kidsのコンテンツは、独自のアルゴリズムによってYouTubeから動画をフィルタリングし、選定している。もし視聴したくない動画やチャンネルが表示された場合は、アプリにログインし、そのコンテンツをブロックすることを推奨している。

なお、Chromecast、Apple TV、ゲーム機、スマートテレビなどでの視聴もサポートしている。

関連記事(外部サイト)