ソニー、撮影した4K動画を取り込んでディスク保存できるBDレコーダー

ソニー、撮影した4K動画を取り込んでディスク保存できるBDレコーダー

画像提供:マイナビニュース

ソニーは5月31日、ブルーレイディスクレコーダーの新モデルとして、「BDZ-ZT3500」「BDZ-ZT2500」「BDZ-ZT1500」「BDZ-ZW1500」「BDZ-ZW550」の5機種を発表した。価格はオープン。発売日と推定市場価格は以下のとおり。

BDZ-ZT3500 (3チューナー/3TB): 7月8日発売、100,000円前後
BDZ-ZT2500 (3チューナー/2TB): 7月8日発売、83,000円前後
BDZ-ZT1500 (3チューナー/1TB): 7月8日発売、70,000円前後
BDZ-ZW1500 (2チューナー/1TB): 6月24日発売、60,000円前後
BDZ-ZW550 (2チューナー/500GB): 6月24日発売、50,000円前後

2017年モデルでは、4K対応機器との連携を強化。新たにハンディカムで撮影した4K動画を取り込んだり、BDディスクに保存したりできるようになった。また、液晶テレビ「BRAVIA」の4K対応モデルと連携した「4Kブラビアモード」を継続搭載しており、2K映像をレコーダーによる処理でBRAVIAに最適化したあと、BRAVIAによる処理で4K化できる。液晶テレビの2K映像を向上させる「4Kアップコンバート機能」も備える。

新しくハイレゾ音源に対応し、サウンドバーなど別のハイレゾ対応機器と接続して音楽をかけられるようになった。テレビの音源などをハイレゾ相当に高音質化する「DSEE HX」も搭載している。

著作権保護技術「SeeQVault」もサポート。SeeQVault対応のHDDを機器登録しておけば、直接録画や編集が行える。なお、2016年モデルも7月中のアップデートでSeeQVaultに対応予定だ。

また、iOS・Android用アプリ「Video & TV SideView」を利用すると、放送中および録画した番組の視聴、録画予約、録画番組の転送・持ち出しが行える。

インタフェースはHDMI出力×1、コンポジット映像入力×1、ステレオ音声入力×1、USB×2(前面×1、背面 USB 3.0×1)、有線LAN×1。サイズはW430.7×H43.9×208.6mmとなっている。

関連記事(外部サイト)