3周年を迎えるmineo - 30GBの大容量コースや、長期利用特典などの新サービスを追加

3周年を迎えるmineo - 30GBの大容量コースや、長期利用特典などの新サービスを追加

画像提供:マイナビニュース

●ライバルは他社MVNOだけにあらず
ケイ・オプティコムは5月31日、同社運営のMVNO「mineo(マイネオ)」のサービス開始3周年に伴う事業説明会を開催。これまでの事業を振り返るとともに、今後の目標などを説明した。

○オンリーワンの存在を目指す

説明会の冒頭、同社 取締役の橘俊郎氏が登壇して、これまでの歩みを振り返った。

ここ3年で、モバイル市場の情勢も大きく変わっている。総務省のデータによると、いわゆる格安SIMサービスの加入者は昨年末で807万件に到達、サービスを提供するMVNO事業者は600社を超えた。橘氏は「事業者も淘汰される時代が来ている。生き残りのカギは顧客満足。特にサポート満足に注力していく」と説明した。

ところでmineoでは、2018年3月末までに契約者数100万件という目標を立てている。これについて、進捗状況はどうなのだろうか。続いて登壇した、モバイル事業戦略グループの上田晃穂氏は「現在のmineoの契約者数は68万件。順調に伸びている」と説明。このままいけば達成できる見込みだという。なお、契約者の内訳を見ると、音声通話が行えるデュアルプランの加入者が8割に達している。また、女性加入者が4割まで伸びたほか、最近では20代男性という新しいユーザー層も獲得できているとのこと。

ライバルは他社MVNOだけではない。最近では、大手キャリアが格安プランを提供しはじめており、つまるところMNOとMVNOの差が縮まりつつある。こうした状況について、上田氏は「この競争環境から抜け出して、オンリーワンの存在にならなくてはいけない」と危機感を募らせている。

この日、mineoが発表した新たなサービスは、いずれも競合他社との差別化をはかるためのものだった。「ユーザーとの共創戦略と、ユーザーに寄り添う安心戦略の両輪がmineoの成長エンジンになっている」と上田氏は語る。

●3つの新サービス
○MVNO初の長期利用特典

mineoの強みとも言えるのが、ユーザーとの固い結びつき。同社はこれまで、オンラインコミュニティ「マイネ王」を通じて利用者のニーズを汲み取り、一緒に新しいサービスを作ってきたという自負がある。mineoでは6月から、そんなファンとの"共創"に注目した3つの新たなサービスを追加する。

新サービスの1つめは長期利用特典「ファンとく」で、これは契約年数に応じた特典が用意されるもの。上田氏は「mineoの既存ユーザーを大切にする気持ちを示すものです」と説明した。

ファンとくの特典は、契約事務手数料(3,000円)が無料になるエントリーコード、端末購入時の割引などに利用できる電子マネーギフト、マイネ王において様々な特典と交換できる「王国コイン」などを予定する。

王国コインでは、例えばデータ容量が当たる「マイネおみくじ」、オリジナルグッズと交換する「王国アイテム」、イベントに参加する「王国イベント」などが利用できる。王国イベントは年2回実施するもので、先進的かつ個性的なイベントにしていくという。

○大容量データ通信プランを追加

新サービスの2つめとして、「20GB」「30GB」の大容量データ通信プランを追加する。例えば、データ通信のみの「シングルタイプ」の20GBコースは3,980円(税別、以下同)、30GBコースは5,900円となっている。また、これまでの「5GBコース」を「6GBコース」に増量、月額料金はそのままで提供する。なお現在、5GBコースで契約している場合は、6月分から自動で6GBコースに移行するという。

○mineoスイッチにタイマー機能

mineoでは、これまで通信速度の高速 / 低速を切り替える「mineoスイッチ」を提供してきた。これに6月1日からタイマー機能を追加する、というのが新サービスの3つめ。何曜日の何時にスイッチをオン(またはオフ)にする、という細かい設定が可能になっている。以上の3つのサービスは、いずれもマイネ王に投稿されたユーザーの声をヒントに実現したものだという。

●大容量プラン、使い切れるの?
○端末ラインナップを拡充

次は、ユーザーに寄り添う安心戦略について。同社では、mineoで利用できる端末ラインナップの拡充をはかる。まずはDプラン(ドコモプラン)において「HUAWEI nova lite」(ファーウェイ製)を提供。価格は、一括払いの場合で19,800円、分割払い(24回)の場合で月額825円となっている。

○子どもの安心、安全を提供

またAndroidアプリ11個がセットになった子ども向けの「ジュニアパック」を月額200円で提供。アプリには、フィルタリング機能が入った「スマモリ」、ウイルス対策「スマートフォンセキュリティ」、ジーニアス英和・和英・国語辞書などを含む。上田氏は「中学生、高校生などの安全なスマホデビューを助けるための取り組み。フィルタリングのほか、居場所確認、使用時間の管理まで行える」とアピールした。

○mineoショップでは初期設定に対応

このほか、mineoショップでのサポートも充実させていく。渋谷、大阪、神戸の3店では初期設定サポートを提供。SIMカードの差し替え、ネットワーク設定、メール設定なら無料(持ち込み端末の場合は1,000円/台)で行うほか、電話帳データ移行、写真データ移行などのサービスにも対応する。また、全国の105店舗で、SIMの即日渡しを可能にする。

○大容量プラン、使い切れるの?

発表会後、上田氏が質疑応答、囲み取材に対応した。

mineoでは、データ通信の混み合う昼の時間帯に、思うような通信速度が出ないことがある。それを念頭に、大容量プランを契約しても使い切れるのか、という質問があがった。

上田氏は「10GBコースを契約したお客さまが、いつ頃使っているかを調べた。すると、あまり昼には使ってはおらず、(通信速度の速い)夜間に使っている人が多かった。したがって今回の大容量プランも、使い切れないということはないと考えている」と回答。

また、6月から新たに長期利用特典が提供される。これについて、利用者のつなぎとめが必要になってきたということか、との質問に上田氏は「最近の傾向として、他社MVNO、または大手キャリアのサブブランドから移ってくる方が増えた。サービスを渡り歩く方たちにも、最終的にmineoを選んでもらいたい。長い目で見て、使い続けてもらえるサービスの必要性を感じた」と説明している。
(近藤謙太郎)

関連記事(外部サイト)