子ども向け視聴アプリ「YouTube Kids」が日本上陸、我が家の5歳児にも使わせてみた

子ども向け視聴アプリ「YouTube Kids」が日本上陸、我が家の5歳児にも使わせてみた

画像提供:マイナビニュース

●YouTube Kidsとは?
Googleは5月31日に記者説明会を行い、子ども向けに使い勝手やコンテンツ表示をチューニングしたアプリ「YouTube Kids」を、日本でもリリースすると発表した。YouTube Kidsは、iOSおよびAndroid端末で利用できる。

YouTube Kidsは、iOS・Android用に開発された、子ども (2〜10歳前後が対象)向けのYouTube専用ビューワーアプリだ。通常のYouTubeアプリと比べて、インタフェースが子どもの使いやすいように設計されているほか、保護者向けに視聴コンテンツや時間を制限できるカスタマイズ機能が備わっている。

2015年に米国で開始し、現在は全世界で28カ国、7言語で提供されている(日本は28番目)。また、毎週800万以上のユニークユーザーが利用しており、累計動画視聴数は300億回を超えるなど、好評を得ているという。

YouTube Kidsでは、「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」の4カテゴリを用意しており、各コンテンツはYouTubeにアップロードされたものからフィルタリングして提供する(コンテンツ数は非公表)。後述する公式パートナーチャンネルのほか、「セサミストリート」「ひつじのショーン」「妖怪ウォッチ」「ポケットモンスター」「プリキュア」といった子どもに人気のアニメ作品や絵本の読み聞かせ、科学系番組、人気の高い子ども向けチャンネルなどが選べるようになっている。また、文字や音声による検索機能も搭載している。

●我が家の5歳児に使ってもらった
保護者向け機能としては、タイマーによる視聴時間の管理や、検索機能のオン/オフ、パスコードの設定などが可能。視聴中に不適切なコンテンツを見つけた際の報告機能も用意している。

現在YouTubeでは子ども向けコンテンツが急速に増えているが、このジャンルをさらに強化するため、コンテンツパートナーとも協力している。

発表会には公式パートナーチャンネルとして、「コロコロチャンネル」を提供する小学館、絵本「おしりたんてい」のアニメ化を進める東映アニメーション、絵本の読み聞かせコンテンツなどを提供する「キッズボンボン」チャンネルの講談社、家族で子ども向けの動画を配信し世界的な人気を集める「Kan & Aki'sチャンネル」の代表者が出席。子ども向けコンテンツの強化に対する抱負を述べていた。

○子どもの学びを助ける

YouTubeでグローバルFamily & Learningコンテンツディレクターを務めるマリーク・デュカード氏は、「今の子どもたちは、スマートフォン / タブレット / テレビといったデバイスの違いなどにボーダーを感じない。YouTube Kidsでは、好奇心が強い子どもたちの学びを助けるための環境を提供したい」と説明し、特に教育関連のコンテンツに力を入れたいという意向を見せた。

実際にアプリを我が家の5歳児に使わせてみたが、もともとYouTubeアプリに慣れているだけあって、何の疑問も持たずにスルスルと使っていた。親の目からするとよくできたアプリだが、検索ではお菓子のおまけやおもちゃの購入レビュー動画なども表示されるのがやや気になった。人気の高いジャンルではあるが、個人的には物欲を過度に刺激するようなコンテンツなどはあまり見せたくない (ゲームの攻略動画も、自力でクリアしてほしいのであまり好きではない)。どこまで見せるかの線引きは難しいが、投稿者やチャンネルをブロックする機能をうまく使っていきたいところだ。

とはいえ、子ども向けに簡単でコンテンツが選別されたYouTubeの入口が用意されたことは素直に喜ばしい。今後もさまざまな分野における良質なコンテンツの拡充と、機能の追加が続けられることを期待したい。
(海老原昭)

関連記事(外部サイト)