米PRYNT社製、ポケットサイズのiPhone用インスタント写真プリンタ

米PRYNT社製、ポケットサイズのiPhone用インスタント写真プリンタ

画像提供:マイナビニュース

バリュートレードは、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」にて、米PRYNT社のiPhone用小型プリンター「PRYNT POCKET」の予約受付を開始した。製品は7月下旬から順次発送の予定。色はグレー、ブラック、ミントの3色。価格は18,880円(税抜)。なお一般発売は、家電量販店などで8月上旬を予定している。

iPhoneとつなげてインスタント写真がプリントできるポケットサイズのプリンター。「PRYNT POCKET」専用の、米ZINK社が開発したインクを使わないプリント用紙ZINKを使用するためインクも必要ない。iPhoneにPryntアプリをインストールして「PRYNT POCKET」とドッキングすれば細かい設定も必要が無く、シャッターを押して20秒で写真がプリントできる。写真のサイズは45x72mm、解像度は620x1120pix。ZINKペーパーは、裏の紙を剥がすとそのままステッカーとなるため、利用の幅も広い。

さらに、プリントした写真をPryntアプリでスキャンすると、拡張現実(AR)によってシャッターを押した後の10秒間を動画で見れる。誕生日のサプライズなどで手軽に写真をプリントでき、「PRYNT POCKET」を持っていない人もPryntアプリをいれると動画の共有も可能。

ケース本体にはグリップ、シャッターとズームダイヤル、そしてストラップホールが付属。製品サイズは横8cm×縦11.5cm(カートリッジ込み)x奥行き5cmで、重さはペーパーカートリッジ込みで210gと軽量。バッテリー内蔵なのでiPhoneからの電源供給は不要だ。本体充電は付属のmicroUSBケーブルを使用し、約180分の充電で約20枚の写真をプリントできる。専用のZINKプリント用紙10枚も同梱。このプリント用紙は、40枚で2,820円。

対応するiPhoneはLightningコネクタの「iPhone 5/5s/SE」「iPhone 6/6s」「iPhone 6/6s Plus」「iPhone 7/7 Plus」。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)