パナソニック、独自4Kエンジン搭載のUltra HDブルーレイプレーヤー

パナソニック、独自4Kエンジン搭載のUltra HDブルーレイプレーヤー

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは6月1日、Ultra HDブルーレイの再生に対応したブルーレイディスクプレーヤー「DMP-UB30」を発表した。6月16日から発売する。価格はオープン、推定市場価格は40,000円前後(税別)。

独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載。Ultra HDブルーレイ再生時に、高精細かつ立体感にあふれた高品位映像を出力する。高輝度のHDRや広色域のBT.2020、HEVC(H.265)による最大100Mbpsの映像信号にも対応する。インターネットの動画サービスとして、NETFLIX、dTV、Amazonビデオなどの4Kコンテンツも再生可能だ。

トレイのオープンが約1秒と高速で、ディスクの入れ替えがスムーズ。そのほか、字幕の輝度と位置の調整、192kHz/24bitを含むハイレゾオーディオの再生もサポートする。再生できるファイル形式は、WAV / FLAC / MP3 / AAC / WMA / DSD(5.6MHz/2.8MHz) / ALACなど。

パナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」で録画した番組を、別の部屋に転送して視聴できる「お部屋ジャンプリンク」も搭載している。映像出力インタフェースはHDMI×1基で、有線LAN、USB 3.0、USB 2.0も1基ずつ装備。本体サイズはW320×D191×H45mm、重量は約1.3kg。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)