ビクセン、富士フイルムXシリーズミラーレスカメラ対応のTリング発売

ビクセン、富士フイルムXシリーズミラーレスカメラ対応のTリング発売

画像提供:マイナビニュース

総合光学機器メーカーのビクセンは、富士フイルム製ミラーレスカメラ「Xシリーズ」とビクセン製天体望遠鏡や顕微鏡を接続するアダプターリング「Tリング・フジフイルムX用(N)」を、2017年6月9日に発売すると発表した。価格は税別で5,000円。

本製品は、富士フィルム製Xマウント対応で、X-Pro2、X-Pro1、X-T2、X-T1、X-T20、X-T10、X-E2、X-E1、X-A3、X-A2、X-A1、X-M1にて使用可能だ。接続可能なビクセン製カメラアダプターは、拡大撮影カメラアダプター、直焦ワイドアダプター60、NSTアダプター43XD、(MS)Tアダプター、(MF)Tアダプター、カメラアダプターG。重さは113g。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)