オーテク、"原音再生"うたうSound RealityシリーズのBluetoothイヤホン

オーテク、"原音再生"うたうSound RealityシリーズのBluetoothイヤホン

画像提供:マイナビニュース

オーディオテクニカは6日、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとした「Sound Reality series」のワイヤレスイヤホン3モデルを発表した。価格はオープン。推定市場価格は、「ATH-CKR75BT」が15,000円前後、「ATH-CKR55BT」が10,000円前後、「ATH-CKR35BT」が6,000円前後(いずれも税別)。

○ATH-CKR75BT

ATH-CKR75BTは、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとしたインナーイヤータイプのBluetoothヘッドホン。ブラック / シャンパンゴールド / ガンメタリック / ブリリアントレッドの4色を用意する。

11.8mmドライバーと各音域の解像度を高める内蔵アンプにより、奥行きのある音場を実現可能。ハウジング部は不要共振を抑える強靭アルミニウム製となっている。

耳元で音楽や通話の操作が可能なインラインコントローラを装備し、襟元にバッテリケースを固定するClip-Onスタイルを採用。使用可能時間は約7時間。充電時間は約3時間。

主な仕様は以下の通り。

出力音圧レベル: 108dB
再生周波数帯域: 5Hz〜40kHz
インピーダンス: 19Ω
Bluetooth: 4.1
対応コーデック: aptX、AAC、SBC
重量: 17.8g
付属品:充電用USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)、ケース、クリップ
本体カラー: ブラック、シャンパンゴールド、ガンメタリック、ブリリアントレッド

○ATH-CKR55BT

ATH-CKR55BTは、10.7mmドライバーを搭載するモデル。ブラック / ディープブルー / シャンパンゴールド / メタリックレッドの4色を用意する。また、制振性を高める真ちゅう製スタビライザーを搭載している。

その他の機能はほぼ共通で、主な仕様は以下の通り。

出力音圧レベル: 103dB
再生周波数帯域: 5Hz〜35kHz
インピーダンス: 16Ω
Bluetooth: 4.1
対応コーデック: aptX、AAC、SBC
重量: 17g
付属品:充電用USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)、ポーチ、クリップ
本体カラー: ブラック、ディープブルー、シャンパンゴールド、メタリックレッド

○ATH-CKR35BT

ATH-CKR35BTは、9.8mmドライバーを搭載するモデルだ。ブラック / ブルー / ゴールド / ピンク / レッド / シルバーの6色を用意。aptXには非対応となっている。

その他の機能はほぼ共通で、主な仕様は以下の通り。

出力音圧レベル: 102dB
再生周波数帯域: 5Hz〜24kHz
インピーダンス: 16Ω
Bluetooth: 4.1
対応コーデック: AAC、SBC
重量: 17g
付属品:充電用USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)、ポーチ、クリップ
本体カラー: ブラック、ブルー、ゴールド、ピンク、レッド、シルバー
(リアクション)

関連記事(外部サイト)