ヤマハ、荷物をたくさん積める三輪電動アシスト自転車

ヤマハ、荷物をたくさん積める三輪電動アシスト自転車

画像提供:マイナビニュース

ヤマハ発動機は6月9日、ビジネス専用設計とした電動アシスト自転車「PAS GEAR-U(パス ギア ユー)」の2017年モデルを発表した。発売は8月30日からで、メーカー希望小売価格は税込み178,200円。カラーはシャンパンゴールドとオパールブルー。

PAS GEAR-Uは、業務用電動アシスト自転車。スチール製の車体に、大型のフロントバスケット、30kgまで積載可能なクラスS専用リアキャリアなどを装備し、宅配業務、訪問巡回業務、営業業務などのビジネスシーンで利用されている。

2017年モデルは、ハンドル部分のスイッチの大きさはそのままに、大きくて見やすい液晶ディスプレイを採用。時刻表示など表示機能を充実させた。また、電源ロック機能を新たに追加し、走行中の電源ボタン誤操作によるアシスト機能オフを防止する。

バッテリーは、従来モデルから大きさや重量を変えずに、12.8Ahから15.4Ahへの大容量化を実現。「PAS」全モデルにはスピーディーな充電が可能な充電器を付属しており、15.4Ahリチウムイオンバッテリーでは約4時間で充電が可能だ。

26型が全長1,890mm、タイヤサイズ(前後)26×1 1/2WO、車両重量35.0kg、24型が全長1,845mm、タイヤサイズ(前後)24×1 3/4WO、車両重量34.7kg。全幅580mm、サドル高760〜900mm、一充電あたりの走行距離(標準パターン)標準モード61km、強モード51km、オートエコモードプラス71km、電圧/容量/充電時間が25.5V/15.4Ah/約4.0時間(26型と24型共通)。
(伊森ちづる)

関連記事(外部サイト)