LINE、スマホで誰でもスタンプの制作、販売が出来るアプリCreators Studio

LINE、スマホで誰でもスタンプの制作、販売が出来るアプリCreators Studio

画像提供:マイナビニュース

LINEは、スマートフォンのみでLINEスタンプの制作・申請・販売ができる無料の専用アプリ「LINE Creators Studio」(iPhone・Android対応)を日本限定で先行公開した。

LINEが2014年5月に、スタンプ販売プラットフォーム「LINE Creators Market」のサービスを公開してから、ユーザーは自分好みのスタンプ・着せかえを販売・公開できるようになった。2017年6月現在、全世界での登録クリエイター数は72万人、 販売中のスタンプ・着せかえ数は合計40万セットを超えている。だが「スタンプを自分で制作するには専門知識や特別な技術が必要では?」など、スタンプの制作に難しいイメージを抱くユーザーも多かった。

「LINE Creators Studio」は、スマートフォンでの写真撮影・トリミング・ペイントなどの機能でスタンプが制作できるスマートフォンアプリ。制作したスタンプはそのままアプリから審査の申請ができ、LINEによる審査を通過すれば、「LINE STORE」とLINEアプリ内「スタンプショップ」にて販売・購入することが可能となる。編集ソフトや難しい知識などは一切不要。これによって、子供やペットの写真を使った家族専用スタンプ、卒業シーズンに作るクラスの卒業アルバムスタンプなど、特定のコミュニティで専用スタンプを作って送りあうことが簡単にできるようになる。

今後、LINEは本アプリの全世界対応、ならびにスタンプの販売公開範囲の設定など、各機能を順次拡充していく。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)